読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

そびえ立つ氷山が瞬く間に溶けていく!コメダ珈琲店の「アイスココア」はソフトクリームが存在感抜群のデザート感覚のドリンク。

スポンサーリンク

コメダ珈琲で初めてアイスココアを飲みました。

メニューに写真つきで紹介されてる数少ないドリンクなので、あるていど一押しではあるんじゃないでしょうかね。

 

コメダ珈琲 アイスココア

それにしても、たっぷり注がれたココアと、どんどん溶けていくソフトクリーム。

あとは氷がギッシリ入ってたので、そのなかに突き刺されたスプーンがなかなか取り出せない。。。

 

ちょっと力をいれて引っこ抜こうとすると、ドッシリと存在感をはなつソフトクリームは横にかたむき、あわわ、あわわと慎重にならざるを得ません。

 

ゆっくりやれば「溶けてあふれだしそう」だし、勢いよくスプーンを引き抜けば「バシャーン」とソフートクリームごと落としそう。

まじでスプーンをべつに提供してほしいっす、、、切実(泣) 

 

そんなバランス感覚を試されてるような試練をうけながら、なんとかスプーンを引き抜いたのであります。

スポンサーリンク

 

こぼれるココアは、もはや芸術品

コメダ珈琲 アイスココア こぼした

 

でグラスは許容範囲をオーバー。

みるみるコボレテしまいました・・・。んむむ、

 

今回だけ、ここのお店だけなのか、それともどのコメダでも起こるのかわからないとしても、ココアという差別化が難しいドリンクで、あるいみうまく印象に残る工夫なのかもしれないです(笑)ねらいどおり?

 

まぁソフトクリームがあれだけ大きいのはどの店舗でも一緒でしょうから、するとこうした出来事はたまに起こるでしょうね。

 

これがひとつの思い出となり、カップルや夫婦がもっと仲良くなって、コメダサイコー!となってたり。。。

 

にしても一人で来てこうなったら嫌だなぁー。

コメダ珈琲 アイスココア 大きい

 

すこしずつ溶けたソフトクリームがココアと混じり、新感覚のデザートとしても楽しめますよ。

 

そしてもちろん、名古屋の喫茶店スタイルは健在、ドリンクをたのむとピーナッツがついてくるので、ポイポイっと口にほおばります。

コメダ珈琲 アイスココア モーニング ピーナッツ

 

…ほんと名古屋の喫茶店文化は不思議。

 

コメダが全国に破竹のいきおいで進出してるので、豆を提供するスタイルやドリンク代だけでトーストがつくモーニングのシステムも、徐々に全国でも知られるものになってきた気がします。

 

そういえば僕がはじめて知ったのも、東京の府中にできたコメダ珈琲にはじめて行ったときですからね。

初コメダ珈琲でモーニングを食べました。府中白糸台店(東京)。感想です

 

アイスコーヒーたのんだらトーストがついてきて、「お、ラッキーっ!」と気分がよくなったものです。

 

喉が乾いてて、さらにソフトクリームが食べたいときはアイスココアをどうぞ。

ほんともうデザートです。