MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

Kindle paperwhiteの購入やめた理由は洋書が高いこと

本棚の画像

最終更新日:2016年8月20日 

 

なにこれ・・・。電子書籍なのに紙の本より高いといったことがあるみたい。

バッテリーの持ちや置いとくスペースがいらないなどKindleのメリットは色々とあるんでしょうが、ペーパーバックより数千円高いとかマジで買う気が失せる。。。

 

ということで、キンドルはスパッと諦めてたんですが、一転して半年後に購入を決断しました。購入を見送った理由から検討を重ねて買うにいたった経緯をシェアします。参考まで。

洋書が高い!!!

はい、もう購入を見送った要素はこの1点のみ。ページをめくるときに目がチカチカするといったの妻はあるようですが、一応は許容範囲。

だから買わない理由はもうこれだけです。

 

てかね、ありえないぐらいメリットがないんですよ。

ほしい本が多いからキンドルを検討しだしたものの、その値段の違いをみてビックリしました。妻が10冊ぐらい欲しい洋書がありまして、エコ関連や瞑想関連など、どちらかというと専門性の高い本たち。

 

ぼくが奴隷のようにそれらを1点1点キンドル版の値段を調べてみたら、マジ有りえない事実が発覚しました!!!

 

10点中2点ほどは100円ぐらい紙の本より安かったものの、ほかは全部、紙より高い!しかも100円とかってレベルじゃなくて、2、3千円高いんですよ・・・。

マーケットプレイスなる中古品だったりするんですが、なかには新品でも似たような事例もあり、「なぜ???」と、ただただ首をかしげるばかりであります。

 

なかにはアメリカ本土から輸入しなきゃいけないのも含まれるでしょうから、そのあたりの配送コスト、あとは為替が影響してはいるんだと想像できますが、「これじゃあキンドル買う意味ないじゃん!!!」とすごく残念な気持ちでいっぱいです。

 

だから買いません。

 

みなさんも洋書を中心に検討してる人がいたら気をつけてくださいね。買ってから後悔だけはしないようにしたいものです。

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 

 

半年後に購入! 

どうしても旅行に身軽に本を持っていきたかったので、その後KindleのPaperwhiteを買いました。しかもたまに20%オフとか4000円引きとか、すごい割引セールをやってるのでお得だったのも決め手に。

 

で買ってみて、もう2ヶ月以上たってるんですが、買ってよかった!というのが今もってる感想です。いざいろいろと本を探してみると、値段が高いどころか安い本もたくさんある印象ですし、無料とか100円とかで読める本も結構あるなと。

 

それに当初の目的だった、旅行に持っていくことに関しても、軽さと読みやすさから本当にその素晴らしさを実感しています。

 

バックのポケットに忍ばせといて、電車やバスの待ち時間にパッと取り出して使える。しかも数百冊が余裕で1台に入り、しかも本を読むのと同じように長時間読んでも目が疲れない。

 

この目が疲れないのも大きなポイントで、スマホのKindleアプリで読んでた時とは感覚が全然違います。機械上で読んでるというよりも、紙の本に近い

 

ただデメリットを挙げるとすると、カラーじゃなく全てモノクロなので、本当に読むこと専用端末という感じですね。漫画やアニメもサクサク読めて問題ないんだけど、ふだん色調豊かなカラフルなのを読んでる人には向かないでしょう。

 

悩んでる人がいたら、セール中の期間を狙って購入してみてもいいと思います。むしろセールやってなくても満足いく商品だとは思いますが…。

 

アマゾンのレビューも参考になるので(とくにKindleのpaperwhite)、悩んでる方は参考にするといいですよ。ここから確認してみてくださいね。

 

amazon公式ページ

 

以上、最終的にKindleを購入して、いまでは生活になくてはならないものになった話でした。検討してる人の参考になれば幸いです。