MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

どうだ!脳みそが溶けるほど猛暑だった名古屋の夏を「エアコンなし」で過ごしました。来年のために記録しておく。

いや〜、名古屋の夏は暑かった!ぜ〜ったい東京より数倍暑いです。

38度の日がなんにちも何日もつづいて、もう溶ける、てか脳のいちぶが溶けて余計にくるくるぱ〜になった気がしています。

やっぱりエアコンはあったほうがいいすな。もしかしたら来年は夏まえに買ってるかもしれません。

 

では、この異常なまでの暑さだった名古屋の夏をエアコンなしでどう過ごしたか、メモ代わりにのこしておきます。だって来年もたぶん同じでしょ?

また振り出しからのスタートは嫌なので、この夏で学んだことを記録しときたいのです。

スポンサーリンク

 

エアコンなしは本気(マジ)ヤバス!

名古屋に引っ越したときにアパートにエアコンついてないのは確認済みでした。

なんとかなるだろー、扇風機で。とタカをくくってたのもつかのま、あの暑さのまえでは扇風機はいっさい役にたちません!

 

ネットで調べたペットボトルを凍らせて扇風機のまえや後ろにおこうが溶けるスピード激早、10分もすると風からは冷たさを感じられなくなりました。

夏本番まえに3Dで首をふる次世代扇風機を買おうとしてましたからねぇ、ホント買わないでよかった…

 

こーいったの。 

SHARP プラズマクラスター搭載 3Dファン ホワイト系 PJ-E2DS-W

SHARP プラズマクラスター搭載 3Dファン ホワイト系 PJ-E2DS-W

 

 

なのでエアコンなしで自宅にいるのは不可能、あれはマジで死にます。

 

自殺行為なので、35度をこえる日は連日ちかくのカフェやレストランに逃げ込みました。朝の10時ごろからヤバス状態なので、そこから2件をはしごして、帰宅は夕方、その時間帯であれば扇風機と氷とアイスノンでなんとか過ごせるようになっていたのであります。

 

はい、とまぁやったことはコレだけ。

飲食店に逃げこむことと、ペットボトルで水を凍らせとくことと、アイスノン(3つ買った)を利用しまくること

 

それでどうにかなりました。

結局はエアコンのきいた部屋じゃないと、暑い日中は過ごせないってことですな。

生まれてこのかたエアコンがあるのが当たりまえの生活だったので、ある意味いい経験になりました。

 

ほんとエアコンは神がかりてきな発明ですよ。

エアコンがなきゃ暑さでバッタバッタとそこらじゅうで倒れて亡くなるひとが続出でしょうから。

 

以上、ぼくが38度を連日こえるほど異常な暑さをエアコンなしでのりきった話でした。

エアコンの恩恵バッチリ受けてるじゃん!といったツッコミはなしでお願いします。

 

ではまた。