読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

幼稚園児に鬼好かれる僕があみだした4つの遊び。大人がやっても超絶たのしいので「くだらない」と思わずやってみよう。

スポンサーリンク

ぼくら夫婦には子どもがいませんが、子ども好きなぼくは甥っ子とよく遊びます。

そして不思議なんですが、とくに幼稚園児の子にはいっつも好かれるんですよ(もう100人いれば100人に)。

それが日本人だけじゃなく、言葉がつうじない外国人の子どもからも(笑)

 

いつまでも幼稚園児なみの「子どもゴコロ」をもってる証でしょうが、純粋にぼくも楽しんでるだけなんですけどねぇー。

それでは、そんなぼくが子どもたちとやってる(あみだした)遊びをシェアします。

いちばんは子ども目線にまでじぶんを持っていって遊ぶことだとおもうので、ぜひ子どものときに持ってた好奇心を全開にしてやってみてください。ギャーッw

 

1. ティッシュをちぎって高い位置から落とす

これはゆらゆらと舞い散るのがキレイで病みつき。

あの揺れかたって一定じゃないので、子どもごころを刺激するんじゃないかな。

捕まえようとしてもキャッチできない難しさが楽しい。

 

ただ散らかるので注意が必要〜。床中ティッシュだらけになります。

シドニーで妻ダヌシュカの幼なじみの家でやったら許してくれましたが…

スポンサーリンク

 

2. コインをはじいて回す

10円玉や5円玉でやってみてください。

左の人差し指でコインをたてて、おはじきの要領でピンっとコインの右側をはじく。

するとコマのようにクルクルまわります。

 

これが意外と好評。

好き嫌いは分かれるかな。

 

3. トランプをたててピラミッドをつくる

さいきん見ないですが、ぼくらの時代は一時期はやりました。

トランプを1枚1枚たてて、組み体操のピラミッドみたいに高くしていきます。

子どもにはむずかしいですが、大人がやってるのを見てるだけで楽しいみたいです。

意外と集中力が必要で、ぼくが個人的に好きな遊び。子どもじゃなくて、もうあなたにおすすめ、ぼくは背たけぐらいのまで作ったことあるよん

 

4. 流れる水を追いかけたり、道をつくったり

坂に水を流した写真

ちょっとした下り坂でバケツにいれた水を上から流します。

すると、水の流れって不規則なんですよね、アスファルトってデコボコしてる場合がほとんどで、しかも斜面も左右対称ではありません。

どのような動きをするかわからないのが楽しいんです。

 

で、場所によってはうまく流れない(傾きのせいで水が端っこに寄ったり)ことがありますが子どもの想像力とは素晴らしいもので、木の枝をつかってむりやり方向を変えてできるだけ遠くまで水が流れるようにしたりするものです。クリエイティブだなぁ

 

参考:水を追いかける遊び!双子の甥っ子と遊んできました

 

以上、ぼくが子どもたちとたまにやる遊びを4点紹介しました。

甥っ子は双子にもかかわらず性格が正反対といってもいいぐらい違うので、二人とも好きな遊びって限られますけどねぇ。

この4つの遊びもだいたいはどちらか片方が好きで、もう一人は興味さえ示しません。

 

なので、とにかく色んなのを試してみるのがいいでのでは?まずは親御さんも楽しみながらできる方法をやってみのがオススメです。ぼくみたいに幼稚園児になったつもりでいっしょに…よ〜いドン。タタタタ