読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

随時更新!ハンドメイド品の販売方法と活用したいサービス完全版!

スポンサーリンク

最終更新日:2017年5月27日

 

未経験からブランドが夏にはあるていど収益を得るところまで成長しました。

いまは効率を重視してネット販売に一本化していますが、去年まではハンドメイド系、Tシャツ専門、エコに特化した野外フェスなど、いろいろなイベントに出店して販売してきました。

 

こうした経験から言えるのは、Tシャツ作りもブランド運営も、はたまたイベント出店も、すべてトライ&エラーをくりかえせば必ず道がひらけていく、ということ。

 

  • 「これからTシャツをつくって販売したい!」
  • 「ジュエリーや雑貨など、ハンドメイド品を売っていきたい!」
  • 「イベント出店での注意点を知りたい!」
  • 「ネット販売はどうやればいいの?」
  • 「販促活動につかえる便利なサービスは?」

 

などなど、あげたらキリがありませんが、ハンドメイド品を販売する上で悩みはつきものです。 

ここでは僕の経験と新しく見つけた便利なサービスをまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは楽しくハンドメイド品をつくって、それを収益につなげましょう!

 

ハンドメイド品をネットで売る!

ブランド立ち上げから3年間ほど試行錯誤しながらネット販売をしてきました。

まったくの未経験からスタートして試してきたサービスを中心に紹介します。

実際いはここに書いてないサービスも、よさそうなのはバンバン使ってみています。

 

ハンドメイドのマーケット

モール同様に集客が期待できるのがハンドメイドマーケットです。

しかも、出店に費用がかかることが多いモールに対し、出店するだけなら費用は一切かからないのが魅力です。

(売れたときに販売手数料として10〜20%の手数料がかかってきます。)

 

無料でかんたんに始められるため、いくつか気軽に試してみることをオススメします。

どこも一長一短あるので、自身にあった先を探してみてください。

どこがいいか悩むようならココナラハンドメイド が一押しです。

  1. ココナラハンドメイド!ついに35万人の会員数を持つココナラが、ハンドメイドマーケットに参入。オススメ!
  2. tetote(テトテ)を退会しました!
  3. minne(ミンネ)は商品登録・更新がラクチン!
  4. ミンネで売れないのは何故か?ズバリ商品力がないからです。
  5. 洗練・モダンなイメージの強いCreema(クリーマ)。退会を検討しています。
  6. iichi(いいち)が最高!クリエイター色強し!
  7. ハンズ・ギャラリーマーケット(Hands Gallery Market)を退会しました!
  8. Etsyを退会しました!海外の老舗ハンドメイドマーケットの感想です。
  9. ハンドメイド品を海外へ売る方法のひとつ、老舗のEtsy(エッツィー)を1年利用した感想です。
  10. minne、Creema、iichiの感想!むしろSTORES.jpやBASEで通販サイトを作るのが断然オススメ!

 

ホームページ、ネットショップ作成サービス

3年前にはなかったような手軽なサービスも増えました。

ここ1年ほどでの新規参入はおおく、ネットショップ運営者には嬉しい状況。

つかってみた感想と、よさそうなサービスについて。

  1. ネットショップ開店は「STORES.jp」が断然オススメ!
  2. ネットショップ作成の定番といえば「カラーミーショップ」!
  3. ショップサーブは機能が充実。でも高い。ネットショップ運営で1年以上つかった感想
  4. 飲食店や美容室のホームページを作るなら、ブタのキャラが濃い「グーペ」が相当よさそうな話。
  5. STORES.jpやBASEで通販サイトを作るのが断然オススメ!オススメ!

 

モール

ネットショップで苦労するのが集客です。

作品に魅力があるのは前提として、あとは集客さえできれば売れないことはありません

そしてこうしたモールは、その大切な集客部分をやってるくれるので利用価値は高いでしょう。

 

ただ楽天は検討したものの、ぼくらにとって「まだ時期尚早かな…」という結論。

まだ書いてませんが、ヤフーのショッピングモールも少しだけやってみましたよ。そのあたりはまた後日に。

  1. 楽天市場は集客力が桁違いに高いので、ブランド運営者は出店を検討すべき
  2. オーガニックやフェアトレード、東北復興支援などの社会貢献商品を扱うSoooooS(スース)!

広告を出して宣伝する

準備中

 

ハンドメイド品のイベントに出店して売る!

ハンドメイド品を販売するときに、イベント出店を考える方も多いでしょう。

20回以上の出店経験から、お役立ち情報をまとめました。

 

知っておくと便利なこと

イベントで役立つこと。

  1. モバイル決済の主要3社を比較!スクエア、Airペイ、楽天ペイでクレジットカード、電子マネー決済を取り入れよう!←New

  2. イベント出展者はカード決済を可能にするスクエア(Square)で売上をアップさせよう!←New

  3. AirペイはiPhoneやiPadを持つイベント出店者必見!クレジットカード、電子マネー、ApplePayで売上を加速させよう!←New

  4. 名刺やショップカードの作成は「名刺21(meishi21)」がオススメ。
  5. イベント出展で便利なTシャツの「たたみ方」
  6. ヤマト便のコスパが凄すぎる!大型荷物を運ぶときに重宝します。
  7. 24時間営業の「日本レンタカー」が便利すぎる
  8. スマホでカード決済のコイニ―が使えなかったので、かわりに評判のスクエアを申し込みました。

  9. 「RIMOWA(リモワ)」のスーツケースが最高すぎる件

 

ディスプレイ設営のアドバイス

イベント出店の集大成ともいえる、ぼくらの完成形。こんご出店するときにも、ほぼ同じようなやり方をすることになるはずです。

  1. しばらく「ハンドメイド」のイベントには出店しないので、売上、利益ともに最高だった「デザフェス」でのディスプレイを詳しく解説しよう。Tシャツ売る人は参考に。オススメ!

 

出店した感想

屋内、野外、いままでいろんなイベントに出店してきました。その感想とアドバイス。

お寺の境内でおこなわれるような小さなイベントやフリーマーケットは省いてます。

ここ最近の一押しはヨコハマハンドメイドマルシェ です。

ただし、フリーマーケットは高単価のハンドメイド品ほど売れないのでご注意を。あれはマジで気持ちが折れます。

  1. デザインフェスタを終えて
  2. 第5回ロハスフェスタ in 東京 光が丘公園に出展しました
  3. Creema(クリーマ)主催の「ハンドメイドインジャパンフェス」
  4. 「ヨコハマハンドメイドマルシェ」1回目は「出展者」、2回目は「来場者」として参加オススメ!
  5. 「あ~てぃすとマーケット」
  6. Tシャツラブサミット(通称ラブサミ)過去4回ほど出展したので、その感想
  7. 初心者よ、ディスプレイを作り込め

 

Tシャツの作りかた!

Tシャツを作るときに役立つ情報です。

 

インク

油性インクは素人には扱いづらいので、ぼくらは水性インクを利用しています。

いくつかのブランド品をつかってみた感想と、おすすめの購入場所を紹介。

  1. シルクスクリーンのインクを紹介!ダイカラー(DYE COLOR)! 
  2. シルクスクリーンのインクを紹介!ラバダ(RUBADA)!
  3. Tシャツくんインクはパステルカラーがおススメです。
  4. シルクスクリーン用のインクは「造ハウ.com」の利用がオススメ!

 

その他の道具、製版

シルクスクリーン・プリントするには一通りの道具をそろえる必要があります。

おすすめの製版業者も。

  1. シルクスクリーンの必須アイテム「スキージ」!
  2. シルクスクリーンの版とは何でしょう?簡単に説明します
  3. シルクスクリーンの製版は渋谷の「ウエマツ」が格安です
  4. シルクスクリーンの製版は「磯写真製版」がおすすめ!

 

プリント

利用したインクジェット業者と、シルクスクリーンでのプリントに役立つ情報です。

  1. オリジナルTシャツ作製で試したインクジェット業者の感想
  2. シルクスクリーンのデビューは「Tシャツくん」がオススメ
  3. シルクスクリーンの1点物!Tシャツへのプリント方法を公開します。
  4. シルクスクリーン・ワークショップ(体験) in 東京/調布

こだわり、考察

ぼくがモノづくりをはじめた経緯や、その他の考えてることなど。雑談にちかいものもありますが、よければお付き合いを。

  1. オーガニックコットンのデザインTシャツで社会問題を解決へ
  2. 通販での発送用パッケージもシルクスクリーンで手作業です。細かい作業に手間暇かける背景と理由を説明します。
  3. 安売りせずに商品の付加価値をあげろ!ユニクロやグラニフと価格勝負したって勝てるワケないんです
  4. 激怒されました。はたして「お客様は神様」なのか?ブランドだって商品を販売する相手を選んだっていいでしょう。

  

それでは、ハンドメイドライフを楽しむだけじゃなく、欲しいと思ってくれる人を大切にしながら収益化も目指しましょう!