MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

コメダ珈琲店で「チリドック」を注文。大きな豆がゴロゴロした、本格的なものを期待するのはやめましょう。あくまでスナックメニューです。

最近よくコメダ珈琲にいく、コーヒー大好きの僕です。

ただブラックは苦手、砂糖がないと飲めません。

さらに、そのコーヒーがフェアトレードであれば、なお喜びます。

 

たしかモスバーガーはレインフォレストアライアンス、ゼンショーのココスレストランはフェアトレード品を使用してたはず。

あーいった生産背景にまでこだわる姿勢をみると、飲み物が一層おいしく感じられます。

 

それでは今回は、コメダでホットドックメニューから、チリドックを注文したのでレビューです。

スポンサーリンク

 

コメダ珈琲店のチリドック

コメダ珈琲店 ホットドックメニュー チリドック 写真

 

メニューにはホットドックの写真はあるものの、肝心のチリドックはありません。

もしかしたら、ロサンゼルス駐在時によく食べた、本場(?)のデカイ豆がゴロゴロはいったチリドックかも?と多少の期待をもちながら注文しました。

 

でもこの400円という価格、スパイシーソースといった説明からも、まず違うだろうなぁとはおもいましたが、案の定、日本でよくみる辛いチリ味のソースがはいったホットドックでした…残念

 

コメダ珈琲店 チリドック 写真

 

ちなみに、海外でチリドックというと、上述のとおり大量の豆とチリソースが入ったホットドックになります。

あれが本当に病みつきになるんですよねぇー。

 

日本でもどこかで食べた気がしますが、忘れてしまいました…。グスン(泣)

 

好きなひともいるようですが、ぼくは断然「フィッシュフライバーガー」と「みそカツサンド」を一押しします。

 

参考:コメダ珈琲が展開する「甘味喫茶(甘)おかげ庵」でモーニング!おにぎりと味噌汁があって、居心地抜群の和の空間がサイコーです。

 

参考:コメダ珈琲店のアイスコーヒーはシロップが入った状態で提供されます。これが絶妙な甘さで病みつき!あみ焼きチキンホットサンドも美味でした