MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

ウインナーコーヒーで有名なカフェ「べら珈琲店」。ホイップクリームをのせたコーヒーはクリーミーで絶品です。

最終更新日:2017年2月11日

 

コメダ珈琲にも置いてますし、いまじゃオーストリアのウィーン発祥のコーヒー=ウインナーコーヒーも一般的になりつつりあります。

ホイップクリームの甘さとコーヒーの苦味があいまって、うまうま〜。

 

病みつきになる味です。

 

そして名古屋には、昭和45年創業で、ウインナコーヒーをいち早く取り入れたお店があります。

いまでは小倉トーストとならぶ看板商品で、このウインナーコーヒーを飲みに県外からわざわざ足を運ぶお客さんも多いんだとか。

 

それでは見ていきましょう。

ウインナコーヒーのべら珈琲

べら珈琲

 

入り口から趣がちがいます。

昭和のにおいをプンプン感じます。

 

じっさいに中にいたお客さんは、70歳をこえた年配の方がほとんど。

そして何故か店員は、タキシードをきています…チョウネクタイを見るのも貴重…。

 

ただひとつ加えておくと、この店舗は地元に根づいた清水屋という老舗デパートのなか。このデパート自体、年齢層がかなり高いのですよ。

そんななか僕はたまにここを利用します。

だっていつでも空いてて居心地がいいので…。

ウインナーコーヒーをガン押し!

べら珈琲 ウインナーコーヒー メニュー

 

めずらしく一押しの飲み物はウインナコーヒーです。

だから左上にドカンとでっかく掲載。

カップはたしか、エルメスだったはずです。

 

小倉トーストも有名です。

ぼくはアンコが大の苦手なので食べたことないですが……

べら珈琲 小倉トースト メニュー

 

そして今回ぼくが注文したのが、名物ウインナー珈琲のアイス版。

外は38度といった異常な暑さだったので、ホットでなんて飲んでられません!!!

あ、ここではウインナーの「イ」が小さい文字ですね、店によって異なるようです。

どっちでもいいですが…

べら珈琲 ウインナコーヒー アイス メニュー

 

スポンサーリンク

 

ウインナコーヒーはアイスでも旨い

このお店はテラス席があり、開放感がサイコーなのですよ。

べら珈琲 テラス席

 

ひとどおりも少ないので、かなりゆっくりできます。

近くのスタバはいっつも混んでて席をとるのも大変ですからねぇー。

パソコンで作業するなら、こっちのほうが断然快適なのに、なんで皆こぞってスタバを利用するのか意味不明です(笑)

 

いつも同じ場所で飽きないのかな……

 

しばらくしてアイスのウインナーコーヒーの登場〜!

べら珈琲 アイスのウインナーコーヒー

 

ごいす〜!

 

ホットだとホイップクリームが徐々に溶けていくんですけどね。

さすがにアイスなので、山盛りのままです。

 

これが見た目ほどクドくなくて、軽いデザート感覚でたべながら、コーヒーも飲めましたよ。

 

ただやっぱりホットのほうが、ウインナーコーヒーの良さが存分にひきたつなぁー。

冷たいホイップクリームが熱々のコーヒーに溶けながら飲むのって本当おいしいですから。

 

夏前にいちど書いてますね。

⇒ べら珈琲は「ウインナーコーヒー」が絶品!クリーミーで懐かしい味わいと「レトロな内装」は、地元に愛されてきた昔ながらの喫茶店のよう。

 

ふつうのコーヒーよりクリーミーさを求めるひとにはウインナーコーヒーはお勧めです。

お店によってクリームの量と脂肪分からくるクドさが随分とちがうので、お気に入りをみつけるのも楽しいでしょう。

家庭で作るなら、コーヒーの上にこうしたホイップクリームをのせれば完成です。