MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

我が家にはエアコンがない。でもアイスノンのおかげで身体は溶けずにすみそう。

最終更新日:2015年8月2日

 

これ愛用してるひとはそこら中にいるんでしょうけど、ほんといいですね。

 

夏本番を迎えるほど暑くなりヤバさ全開だったのが、2日前に買ったアイスノンで随分と和らぎました。暑さで有名な名古屋のはじめての夏を、扇風機とアイスノンの二段仕立てでなんとか乗りきれそうですよ。

 

スリランカに滞在経験のある妻は、このぐらいの暑さはタオルに水を濡らして体をふくだけでへっちゃらなようです。ただちょっと羨ましそうに見てくるので、追加でもう一個買うことを検討中です。(後日、おなじものを2つ追加で書いました。合計3つ。これで1日中いつでも利用できて便利です)

 

それでは僕が感じたこのアイスノンのメリット、デメリットを紹介します。

 

アイスノンソフト

アイスノンソフト

 

 

ほんとに適度に気持ちよくなるのでオススメです。

メリット

まずは、購入して3日間で感じたメリットをあげていきます。

 

冷たすぎない!

これがいいんですよ。

自宅で氷をつくってビニール袋にいれたりすると、どうしても冷たすぎます。

このアイスノンはそんなことなくて、かなり冷たいものの、直接肌にあてても大丈夫なレベル。それに冷たすぎると感じても簡単にタオルを巻けるので、温度調整がラクチンです。

 

持続時間が長い!

使用するにはいちど冷凍庫で凍らせる必要があります(じっさいには凍ってなくて、なかのゲル状のものがシャーベット状になるのかな?どう作用してるのかは知りません)。

 

それで取り出してから使用したとして7時間以上はもちます。

たしか説明書には10時間は持続するって書いてあったはず。

だから寝るまえに利用しはじめて、朝起きるまでヒンヤリ気持ちよく寝れます。

 

まくら代わりに使える!

これじつはマクラになります。

ぼくがふだん使ってるのより若干低いものの、首裏を冷やしてくれるので、全身の体温が下がります。それで気持ちよくてウトウトスヤスヤ、気づいたら眠りについてました。

いい感じです。 

スポンサーリンク

 

デメリット

使いづらい点もありました。

 

長時間、凍らせる必要あり!

これがクセモノで、ちゃんとした効果を得るためには、5時間ぐらい冷凍庫にいれておく必要があります(説明書には12時間とか記載があった)。

 

もちろんその間は使用できません。

しかも結構おおきいので冷凍庫の場所をとります。

 

本来なら家にいるあいだはずっと使ってたいんですけどねー。もうひとつ買わないとそれはムリです。

 

あ、デメリットはひとつしか思いつきませんでした。

ただこの凍らせなきゃいけないのは相当なデメリットなので、2つ買ってそれを交互につかうといいかもしれません。

 

あとは寝るとき専用にするとかね。

まとめ

 

アイスノンソフト

アイスノンソフト

 

 

扇風機だけで過ごす自信がなくなる暑さだったので、アイスノンを買って、ほんとに良かったです。

昼間はカフェに逃げ込む日もおおいでしょうが、あとは熱帯夜でもこれがあれば随分とラクにになるでしょう。

 

エアコンを使わずに室内で熱中症なんて話も毎年きこえてきますからね。

くれぐれも暑さ対策は十分におこなってください。

このアイスノンがその一助となるはずですよ。

 

参考 ⇒ まるでサウナじゃ。地元に愛された古きよき喫茶店は、真夏に冷房も扇風機もかけない地獄絵図だった。