MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

ローソンで限定販売中のアロハテーブル「ココナッツラテ」が残念すぎた。ココナッツの風味は感じられず、もはやただの「コーヒー牛乳」だった件

スポンサーリンク

きょうアップしたアロハテーブルのココナッツラテがローソンで販売される話、あれってまさに今日からでしたね。

なので近くのローソンで早速買ってきました。 

 

ぼくは乳製品業界で働いてたので裏事情もすこしわかりますし、感想をすこしだけ。

ココナッツはどこ?

アロハテーブル ココナッツラテ 写真

 

もう正直いって、期待ハズレです。

ココナッツを前面に押し出してるんだから、まずココナッツ主体の味にしなきゃダメでしょう。

 

アロハテーブル ココナッツラテ 期待はずれ 写真

 

パッケージの説明にはこうあります。

「カフェラテと甘く爽やかなココナッツの風味が絶妙な味わいです。」

 

味はよくあるコーヒー牛乳そのもので、風味どころかココナッツを使ってるかどうか全くもってわからないレベル。

 

いわれれば微かに「…ココナッツっぽいかも…」となるかもしれませんが、飲んだ印象としてはかなりヒドイです。

 

せっかくなのでストローを差し込まずに蓋をあけてみましたが、色も完全にコーヒー牛乳ですな。

アロハテーブル ココナッツラテ ローソン 写真

 

ん〜、これで198円ですからね。

これだったら、100円ぐらいで買える500mlの他社品を買ったほうがいいでしょう。

だって味は目隠しして飲んだらどっちかわからないぐらい一緒ですもん。

スポンサーリンク

 

なぜこうなったのか

レストランはあれだけ美味しかったのに、これでよくゴーサインを出したなぁとおもいます。

おそらく、ココナッツを主体とした味を出そうと製品開発をしてみたものの、おもったような味ができなかったんじゃないでしょうかね。

 

それで開発と同時にパッケージデザインやローソンでの販売といった企画が同時進行ですすみ、あとに引けなくなってしまったのかと…。

 

だってパッケージと中身が完全に別物で、これじゃぁ飲んだひとは十中八九、想像してたのとはちがう結果になります。

それと企業によっては開発と営業の部署がうまく連携とれないとこも意外と多くありますし、もうエイヤっと投げた格好になった気がします。夏季限定商品で時間もないし、もうこれでいくぞ!って。

 

原材料表示をみると、食用ココナッツ油、ココナッツミルクの記載があるので、一応つかってはいるみたいです。

 

来週にはマカダミアナッツラテが発売されるようですが、飲む気がおきません。

だれかがレポートしてくれるのを読みたいとおもいます。

 

参考:ハワイアンレストランの「アロハテーブル」が常夏のパラダイスだった!ローソンの夏季限定「ハワイフェア」にも登場だぜ!