MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

幸せが空から降ってる空想的なデザインは、シルクスクリーンで7色を使用。手間がかかるけど充実感をもらえる

こういった1点ものって1つを製作するのに集中力を使い果たします。

ただどこでも買えるTシャツと比べて価格もそれ相当にいただいてるので、ぼくらとしてもプリントするときは1枚1枚と向きあう真剣勝負、力を抜くわけにはいきません

 

それでお客様に喜んでもらえたら、サイコーに嬉しいですしね。

こうやって時間と手間をかけてまで創る甲斐があるというものです。

1版多色のシルクスクリーン

プリントする前の画像を撮らなかったので、完成品を角度をかえて3枚おみせしましょー!

 

1版多色のシルクスクリーン Tシャツ 写真

 

これって完成品からはわからないかもしれませんが、じつは7色をつかってプリントしています。

 

1版多色のシルクスクリーン Tシャツ 7色 写真

微量な色の使いわけがわかるかな?

 

1版多色のシルクスクリーン Tシャツ 7色 完成 写真

これがデザイン全景になります。

下地に白インク で発色アップ

濃い色のTシャツにプリントするのってコツがあって、ただ希望の色で刷っただけでは発色がよくありません。

この作品も全体的にもっとドス黒い色になってしまいます。

 

だから下地としていちど白をプリントして、その上に7色の色をのせています。

あ、そうすると合計で8色つかってるな…。

 

この作業が1版多色の一点ものだと慣れが必要で、これは妻のダヌシュカが得意するやり方なんですよ。だから、じつは僕はまだやったことがありません(笑)

 

失敗してTシャツをムダにするよりも、もうスッとできちゃう彼女に任せたほうが安心ですからね。よほどのことがない限り、ぼくはやらないつもりですぞ。

スポンサーリンク

 

1版多色も取り入れるべし

このブログをみてシルクスクリーンを始める人もそこそこいるようなので、1版1色に慣れてきたら、ぜひこの多色刷りを試してみてください

 

なんどかやってるうちに自分独自のやりかたができ上がってくるでしょうから、それを強みに大々的に販売してもいいでしょう。

 

価値が伝われば売れるし、伝わらなければ売れない

そもそも強みとなる価値をつくれてない、等々。

 

いろんなことがわかってくるとおもいますよ。

 

参考:ブログよりハードルは高いものの「ものづくり」が好きな人にオススメ。誰でも気軽に始められるシルクスクリーン

 

参考:シルクスクリーン カテゴリーの記事一覧