MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

ビーフジャーキーならぬ「サメジャーキー」を食べてみた、の巻!

1泊で伊勢神宮や鳥羽水族館あたりをまわってきたんですが、そこで見つけたのがこれ。

さっそく、おつまみとして食べてみたので紹介します。

サメジャーキー!

三重県のサメジャーキー 写真

いやぁ、インパクトがある商品です。

おみやげとして売ってたので「面白いから買ってね!」感をヒシヒシと感じたので即買い。だってどんな味なのか興味あるじゃないですか。

 

たまに東京のスーパーでサメって鮮魚コーナーに切り身が置いてありましたけどね。白いレバーみたいな見た目で「どうやって食べるのコレ?」といった風貌で。

いまおもうと試してみればよかったなぁー。 

 

サメって獰猛でたべるものって気がなかなかしませんが、どうなんでしょう。

しかもサメジャーキーって。

 

そもそもジャーキーってなに?

調べてみると、超シンプル。

たんに保存食用として肉を干したものみたいです。

腐敗をふせぐために、塩や香辛料をまぶすことも多いみたい。

 

牛肉が一般的なものの、豚肉や馬肉などもつかわれることがあるとのこと。

原料はサメ!

三重県のサメジャーキー 原材料表示 写真

そりゃ「サメジャーキー」と言っちゃうぐらいですからね。

原材料をみると、さめ(国産)。そして腐敗防止のためでしょう、食塩

黒こしょうもいれてますね。

 

でもその3つだけ。

すごーくシンプルな食べ物です。

スポンサーリンク

 

肝心の味は?

三重県のサメジャーキー 味 写真

 

さすがジャーキー。

むちゃくちゃ硬いです。

 

歯が抜けるんちゃうか!

 

というぐらいに噛みながらネジって引っぱって、ようやく噛みちぎれました。

こりゃアゴが丈夫になりますわ。

 

味はというと、ちょっと生臭い

魚特有のクサさが抜けきれてない感じで、食べ終わると鼻のあたりにツーンときます。

 

苦手なひとはすごく苦手だとおもう。

 

ぼくもあまり得意な味とは言えませんでしたが、お酒のおともには合うので、なんとか最後までカジリつきましたよ。

 

サメジャーキー。やっぱりお土産用なのか…。

 

さいごにサメグッズを貼っておきましょう!

意外といろんな商品があってオモシロイですな。

 

サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑

サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑

  • 作者: アンドレアフェッラーリ,アントネッラフェッラーリ,谷内透,Andrea Ferrari,Antonella Ferrari,御船淳,山本毅
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2001/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

 

リアルぬいぐるみ ホホジロザメ Lサイズ

リアルぬいぐるみ ホホジロザメ Lサイズ

 

 

そういえば、オーストラリア留学中の友人で、水泳中にサメに襲われたヒトがいましたな。地元新聞でデカデカと掲載されたみたい。こわいw

 

いまだにシャークアタックって世界各地(とくにオーストラリア)で聞きますからね。

みなさんも気をつけましょう。

 

それでは、ちゃお。