MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

minne、Creema、iichiの感想!むしろBASEやSTORES.jpで通販サイトを作るのが断然オススメ!

最終更新日:2017年3月23日

 

ぼくらがハンドメイドのオンラインマーケットでTシャツを販売してておもったことを書いたのが、去年の11、12月。もうあれから半年以上がたちました。

 

Tシャツといった冬場にはほとんど売れない商品を販売してて冬場は閑古鳥状態。ただ気温があがりはじめた3月頃からはポツポツと売れ始め、夏本番にむけて売り上げは上向きです。

 

そこで、ぼくが持ってたハンドメイドマーケットのイメージが少しずつ変化してきたので、参考までにシェアします。利用してるサービスは、minne、creema、iichiの3つ。

 

そして最後に、こういったマーケット利用者にも検討価値がたかい通販ページ作成サービスを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

minne

ポツポツと商品が売れている印象です。テレビCMを流したりメディア露出を増やしたことで会員数がかなり増えたはず。

 

利用者は感覚的に操作でき、出店者としてもすごく使いやすい。気軽にはじめられる点では他サービスよりも随分と優れているといっていいかもしれません。伸びしろが大きく、今後の動向や仕掛けが気になります。

 

こうしたminneでの売りかたを書いた本もいくつか出版されており、注目度の高さがうかがえますね。

 

参考:minne(ミンネ)は商品登録・更新がラクチン!

creema

ここはもう他サービスよりも洗練された印象そのままで、ブランド力をアピールしたり、ビジュアルで魅せるのに凄くつよい。

遊び心があるminneにくらべ、よくいえば本格的わるくいえばお堅い、そんなサービスです。ほかにくらべて規約遵守にちょっとうるさい印象があります(ほかのサイトへのリンクを貼るな等)。

 

ただし、ここ最近の僕らの売り上げでは、ここが一番多いです。昨年の時点で退会を検討してたのが嘘のよう。

 

参考:洗練・モダンなイメージの強いCreema(クリーマ)。退会を検討しています。

iichi

最近まったく売れないし、一時のメイカーズベース(僕らが利用してたシェア工房)とのコラボはどこえやら、すごく存在感が薄くなってきた印象をもっています。去年はここが一番売れてたんですけどね。今年はまったくダメです。

 

サイトの雰囲気も好きだし、中のひとの対応もはやいし、もっと盛り返してほしいな。

 

参考:iichi(いいち)でハンドメイド品を販売した感想と評判。 

いまから始めるなら、ココナラハンドメイド!

f:id:yutamotohashi:20170223212637j:plain

スキルや知識の販売で有名なココナラが、この春からハンドメイドマーケットを開始しました。

その名もココナラハンドメイド! 大注目です。

 

ココナラはクリエイターと個人をむすぶマーケットで、会員数はすでに35万人以上います。

その実績からメディアにもよく取り上げられてますね。

正直いって、ミンネやクリーマとどこまで勝負できるのか楽しみです。

 

あと販売者としては、こうした新しいマーケットが始まったら、できるだけ早くやってみることをおススメします。

というのも、たいていは先行者優位があるため!

つまり、早く始めれば始めるほど、そのマーケットで有利になるということ。

 

まだ利用者がすくないうちから少しずつ実績を積み上げていけば、右肩上がりで人気者になる可能性だって出てきますよ。

 

ぼくは実際にそうした方を何名か見てきました。 

無料なのでうまくいかなければやめればいいだけです。

 

35万人のユーザーさんに自分のハンドメイド作品を公開できる、【ココナラハンドメイド】

号外!BASEとSTORES.jp

ぼくらが利用してるオンラインマーケットは上記の通りですが、やはり一番売れるのは自社のネットショップです。

いまやBASEやSTORES.jpといった、初心者でも気軽にはじめられるネットショップ作成サービスが増えました。

 

どちらも無料で始められ、BASEは商品登録数に上限がなく無料。STORES.jpは商品数5点までが無料で、それ以上は有料プレミアムプランで月額980円がかかります。

 

ホントに簡単なので試すべし!

ビビるぐらい簡単に通販サイトが作れるので、ぜひ試してみてください。

30分あれば本格的に仕上がるので(むしろそんなにいらない)、色々といじりたおしてみるのをオススメします。

 

見た目と使い勝手が多少異なるので、BASEとSTORES.jpの両方を試すといいかもしれません。

ただ機能はどちらも似たり寄ったりなので、まずは商品登録数に上限のないBASEからはじめるといいんじゃないでしょうか。

 

こういった新しいサービスを取り入れて効率化させることはとても大切です。

詳細は下記の公式ホームページから確認できますのでどうぞ。

メリットはあってもデメリットはないですよ。

 

BASE

 

あともうひとつ。

BASEは簡易ネットショップなのでどうしても作りがシンプルです。

もっとオシャレなホームページを作りたいなら、WixStrikinglyがオススメです。