MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

個人情報が丸見えの迷惑メール。これは新手の詐欺なのか?

スポンサーリンク

ある日のできごと。

朝起きてメールを開くとある会社から30通ぐらいのメールがきていた。

 

しかも送り先のアドレスに僕のフリーメールは入ってるものの、名指しの宛先はすべて僕じゃない。

送り主をみてみると、数年前に一度だけ参加した有名なセミナーで司会進行をしてた、強烈なインパクトのあるひとだった。

その名前もすべてカタカナで一見ふざけてるようにもみえるので、よく覚えていた。

個人情報が満載の迷惑メール

30通ちかく送られてきたメールをみると、個人情報がいろいろと書かれている。

そして海外ツアーの添乗員でもやるのか個人の口座番号がのっていて、もう期限が過ぎてるからそこに旅行代金を振り込むように書かれている。

 

あたらしい詐欺のかたち?

ここでふと脳裏をよぎる。

 

僕はこのひとと旅行の約束してて、たんに忘れてただけじゃないか?

まずい!いますぐ払わないと!

 

と一瞬考えてみたものの、イベントで一方的にみただけで、このひととは話したことがない。

しかもそのメールをみると、ん...20...200...

 

2009年!!!

 

なんと2009年の旅行がどうとかって書いてあったんですよ。

それにメール本文の相手はぼくではなく、まったく聞いたこともない人たちだ。

 

そんなどこの誰かも知らない個人に2009年に送られた(であろう)メールをなぜか僕は大量に受診した。これが意味することはいったいなに?

スポンサーリンク

 

送り主の会社をググると。

そこでこの送り主のアドレスは会社名になってたので検索してみると、現在では社名が短縮されたようだが、都心のウェブ製作会社がでてきた。

とてもしっかり作り込まれており、会社概要をみても怪しいところは一切ない。

 

もう何がなんだかよくわからない…。

 

その後数日たつが、怒涛のメールラッシュがきたのはその一度きり。

早朝5時のたった1時間ぐらいのあいだ。ほんと数秒置きにメールを受診し、全部ぼくの迷惑メールフォルダに溜まっていった。

 

とまぁ今だに何がなんだったのかよくわからないものの、

 

インターネット怖いな!

 

と、ひさしぶりに感じた出来事でした。

 

おしまい。

 

と、書きおわってから一番はじめにきたメールみたらこうあった。

 

この電子メール メッセージは、アカウントの設定のテスト中に、Microsoft Office Outlook から自動送信されたものです。

 

このあとにドドドッと大量に送られてきてるので、メール設定中のミスなのかもしれませんね。

それがなんで僕のアドレスに送られてきたのか意味不明ですが…。