MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

【マジか!】本屋でトイレに行きたくなるのは日本人だけで、外国人は川や海の「水の音」で行きたくなる

オーストラリア人の妻とはなしてて、あれ「なんか話がかみ合わないなー」とおもったらこういった知識が共有できてなかったんですよね。

日本人は本屋でトイレに行きたくなる 

本屋の画像

日本では本屋でトイレに行きたくなるのって多くのひとが経験あるとおもうし、なかったとしても一般的にそういわれるのは一度ぐらい聞いたことがあるじゃないですか。

 

(と僕はおもってるんですが、案外、kindleをつかってるひとやデジタルネイティブといわれる10代、20代はそうじゃなかったりして…)

 

まぁそういった前提があるとして話をすすめると、これって僕は世界でも共通だと考えていたわけです。

だって本屋は海外にもあるし、つかわれてるインクだって変わらない(インクの匂いが原因ともいわれるので)。

 

だったら同じでしょ!ってね。

 

ただその概念がきょう、こっぱみじんに崩れ去りました…

 

だからといってどうってこたぁないですが、外国だと「本屋=トイレに行きたくなる」って感覚はまったくないようです。

 

えー!!!まじかぁ。びっくりです…

 

スポンサーリンク

 

外国人(とくに欧米)は水の音でトイレに行きたくなる

水滴が落ちる画像

そのかわり、どういったときトイレを連想するかというと、どうやら水の音を聞いたときってのが一般的らしいんです。

蛇口からポタポタと水がたれる音や、川の流れる音をきいてると、トイレに行きたくなってくるんだってさ!

 

いやー、これも妻と一緒に川沿いを散歩しててふとそんな会話になったわけですよ。

こっちは「川の音で癒されるなぁー(笑)」なんてことを言ってると、突然トイレがどうとかって始まったわけです。

 

んむ。ほんともう、異文化は理解不能でございます。

 

水の音でトイレ行きたくなるって、じゃぁ料理中はどうなのよ?

と勘ぐったりもしたくなるわけであります。

 

でもその理論からすると「リビングに本がいっぱいあるけど、トイレ行きたくならないの?」って切りかえされそうでこわい…。

たしかにそのとおりだし(笑)

まわりの影響だろうねぇ… 

これって案外、子どものときの体験がおおきく影響してる気もするんですよねぇ。まわりからそうゆうものだって聞かされてたら、ホントにそうなったってやつ。

だから人それぞれ、おもしろい体験談とかあるんじゃないなかなぁー。

 

みなさんは、どんなときトイレに行きたくなりますか?

 

それでは、また。

チャオ!