MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

シルクスクリーンは気軽に始められるけど、イコールすぐ売れるかというと話は別です。おそらく売れないでしょう。勘違いしないように。

猫が見つめてる写真

 

ちょっと妻のダヌシュカに突っ込まれたので説明しときます。

すこしだけ補足を。

 

きのうこういったことを書きました。

みてもらえばわかりますが、シルクスクリーンでプリントする写真つきで「意外と簡単だからやってみてもいいんじゃない?」って。

 

ブログよりハードルは高いものの「ものづくり」が好きな人にオススメ。誰でも気軽に始められるシルクスクリーン - まわるブログ。

 

一応ことわっておくと、すぐ売れるような製品をつくれるってわけじゃないですからね。

 

ブログでもなんでも同じですが、なにかをはじめて収入を得るということは、他人がすぐに真似できないような技術や経験を習得して、それにたいしてお金をだしてでも欲しいとおもう人が購入してくれるわけですから。

 

まったくの初心者が、はいやってみました。じゃぁすぐ売れるか?

というとよっぽどじゃないかぎり、そうはいかないでしょう。

 

まずシルクスクリーンをする準備だけでも多少の費用と手間暇がかかりますし、こんどはそこから実践して技術を磨いていく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

ある程度できるようになったら、こんどは他のブランドとの差別化だったり、じぶんたちの強みをつくらないといけません。それがデザインなのか、シルクスクリーンの方法なのか、ブランドイメージなのか。

 

やりかたは星の数ほど多くあるでしょうが、そのじぶんらの特徴を見極めるまでにそれ相当の時間がかかるでしょう。

 

すでにデザイン等ができるひとであればそれほど難しい話じゃないのかもしれません。

ただ僕のようにデザインもシルクスクリーンもなんにも知らない状態でゼロからはじめるとなると、それ相当の手間暇と忍耐力が必要なんじゃないかなぁー。

僕はこうみえて、黙々となにかをこなすといったことは出来るんですよ。失敗ばかり繰り返してもそこに価値をみいだしたりして。

 

まぁ僕がたまに「シルクスクリーンは誰でもできるし簡単だから、ものづくりが好きだったら気軽にはじめてみてもいいんじゃない?

 

こういうと決まってダヌシュカに「そういうことはViri Fideのイメージを落とすから言わないほうがいい!」と釘を刺されます…。

 

ぼくはまぁ実際にゼロからシルクスクリーンはじめて試行錯誤しながらも楽しかったし、気軽に始めるのもいいとおもってます。楽しみを見出せなければ止めればいいだけだし…。

 

ただそれを売れる商品にまで育てていくことはまた別問題だとおもうわけです。

 

つまり、シルクスクリーン自体はさほど難しいことじゃないし、楽しみながらやってみてもいいとおもう。でもそれですぐ市場のニーズに応えられるような作品をつくれるかというとそうはいかなくて、意外と大変かもしれないよ!

 

ということです。

 

ぼくのブログをみて実際にシルクスクリーンをはじめようとするひともチラホラ見受けられるので、ぜひそのへんはご理解ください。念のため…。

 

それではまた。

チャオ!