MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

地球という神秘の星に住む僕らは「宇宙からの深く透き通るような青さ」を見ることはできない。

スポンサーリンク

青空。

 

空は青いもの。

 

ふと見上げると、一面スカッとした気持ちのいい青がひろがる。

 

青空の写真 風景

 

これを宇宙からみても、やはり青い。

ただその色は地上からみるのとはちがい、宇宙での存在感をはなつディープブルーそのもの。

 

地球は丸くて青い

 

空とはちがい一面が青いわけではない。

海が青い。

しかも深く濃く青い。

 

ちがう角度もおなじ。

 

宇宙からみた地球

 

青い!

 

宇宙からみた神秘的な地球

 

青い!

 

ハリケーン 台風 地球

 

青い。

 

こういった宇宙からの地球ってふつうだったら見れないじゃないですか?

いまでこそ宇宙ステーションや宇宙旅行といったことが現実味を帯びてきてますが、ひと昔前までは地球のこの青みって知る由もなかったんですよね。

 

それだけでもこの時代に生まれた僕らはラッキーだし、 こういった美しい景色を未来にのこして、子どもたちや未来の人たちに見てほしいですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

そのうち宇宙旅行も身近なものになって、ちょっとした旅行感覚でこういった景色を生でみることができるようになるのでしょう。

そうかんがえるとちょっと嫉妬するレベルですが、まぁこういった画像がみえて、新しい未来を想像できるだけでも幸せなことだとおもいますけどね。

 

ヒトが思いつくことは何でもできるようになるって言いますし、技術革新のスピードも想像できないぐらい速いので、せめて僕が生きてるうちにパパパッと行けるぐらいになっててほしいものです。

 

みんなもほら、画像だけじゃなく直接みたいでしょ?