MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

子どもを日本の学校にいかせたくない!規律にうるさく、自我を尊重されない教育は、まるで軍隊そのもの。

スポンサーリンク

軍人が規律を重んじる画像。

最終更新日:2017214

 

はい。そう考えています。

いまはまだ子どもがいませんが、できたとしたら、日本の学校に入学させるつもりは微塵もありません。なぜそう思うのか、書いてみたいとおもいます。

先生が絶対的な君主として存在する異様さ

もちろん、生徒の視点にたってくれる素晴らしい教師もいっぱいいることでしょう。

ただ、日本の教育って先生が絶対的な存在であって、あまり自分の意見をドシドシと言える雰囲気でもないんですよねぇ。

 

クラスメートと合わせることをなかば強制され、個性が強い生徒は「まわりと違う」といった理由でイジメられ、先生までもクラスの和を乱さないように無理やり押しつけようとする。

 

そんなイメージを持ってるのは僕だけでしょうか?

これじゃぁ個性を伸ばすなんて、できたもんじゃないでしょう。

まるで軍隊のよう

どうしても日本の学校教育をみると、軍隊と結びついてしまうんですよねー、ホント。鬼教官に疑問をぶつけると、なんの説明もなくシバかれるような…。

 

そうかんがえると、冒頭の画像も、小学生が朝礼で「気をつけ!礼!」といった、日本の学校ではあたりまえのように行われてるシーンが重なってみえてきました…。

 

いまは多少ちがうのかもしれませんが、少なくともボクが小学生だった25年前はそうでした。

ん〜、どう好意的ににみても、子どもには同じような教育を受けさせたくないですねぇ。

 

スポンサーリンク

 

規律がなによりも重視される 

日本の学校って規律ばっかり教えこんで、個性はまったくと言っていいほど伸びない気がします。まわりの顔をうかがいながら、同調を強制させられる…。

まぁ日本社会でずっと生活するのであれば、そういった同調意識は有効かもしれませんが…。

 

さらにいえば、学校で投稿拒否の生徒っていませんでしたか?

ある日突然こなくなって家にひきこもってたり、学校の保健室にだけいってるような噂が聞こえてきたり。

 

ボクが中学生だったころ、やはりクラスに1人だけそんな男の子がいました。子どもながらに「そんなに嫌なのに、なんで学校にこなきゃいけないんだろう?」と感じたのを覚えています。

 

そう。そんな子は無理して学校なんか行く必要ないですし、両親も学校に行け行け!言うのは止めたほうがいいでしょう。

ホームスクールもありでしょ 

f:id:yutamotohashi:20150504164237j:plain

欧米では個性が重要視されますし、場合によっては学校にいく必要もありません。学校で教わることは教師の質によるところや、たまたま一緒になるクラスメートによって大きく変わってきますよね。

 

だったら、欧米でよくあるような、ホームスクールといった、学校に通わないで父親、母親が教えればいいとおもうのです。

教えられない科目は家庭教師をつければいいでしょうし…。

 

必要最低限の文字の読み書きなども教えない親がでてきたり、いろんな問題がでてくるでしょうが。どうにかチェック体制なんか整えられないのかなぁ。

 

それに、中学で勉強したことって、どれぐらい役にたちますか?

 

もちろん全てとは言いませんが、学校で勉強することは大人になって役に立たないものも多いですよね…。

 

たとえばこれ。

 

みんな英語を勉強してんのに、話せないじゃん!

 

英語の時間なんてムダのさいたるものだとおもいます。

文法ばっか体系的に勉強するだけでなく、もっと効率良く会話重視にしたほうがいいでしょ。

 

参考:初心者こそ英会話教室はマンツーマンを選べ!人生を変える自分磨きだよ。

参考:なんで不登校の子どもを「むりやり」学校に行かせるの?そもそも、義務教育って必要?