MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

花びらを散りばめた「猫型デザイン」を製作。いままで描き続けてきた作品とは趣向が異なり、もはや絵ではない。

猫のイラストというよりもデザイン

これ、なんだか一目でわかりますか?

妻がまた新しい方法でデザインを作成してたので紹介します。

 

もうこういったのはViri FideでTシャツとして販売することは考えられないので、感性にしたがって自由につくってるんでしょうね。

絵を描くのが得意なのは知ってたけど、これはもう絵ではない…。デザインだ!

おそらく本人にとっても新しい試みで、独学でどれだけ通用するか、挑戦してるともいえるんじゃないかな。

 

猫を形取ったデザイン 花びら

 

パッケージを意識したようで、ひとつだけでは終わらない。3部作。

 

猫を花びらで形どったデザイン

 

いいじゃないですかー。斬新!

本人いわく、背景を赤くしたのがポイントのようです。

 

いまはとにかく作品をつくりまくってシャッターストックの作品群を増やす時期なので、これもダウンロード販売をはじめることになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

世界有数の写真とイラストの売買の場である「シャッターストック」は、ユーザービリティを意識して審査をシビアにやるので、それがまた真面目な彼女にはちょうどいいみたい。ほどよい緊張感をもてるんだってさ。

 

すべての作品が販売可になるわけでなく、ボツとなった作品もありますからねぇー。大抵は、ファイルサイズや品質がプロ向けとして調整しきれてないことが原因ですが…。

 

いままではTシャツ向けイラストといった限られた条件でしかイラスト、デザインの製作ができず、一定の制限を感じてたようなんです。シルクスクリーンだとラインの鮮明さや色がどうしても限定されてきますからねー。

 

感じたままに作れるってホント幸せなようで、ストレスフリーみたい。

 

参考:

www.motohashi-yuta.com