MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

散歩から戻ると首に違和感が…。触れるとプニュっとした感触で、なんと「イモムシ」が這っていました。気持ち悪い!「ちょうちょ」になって戻っておいで

涼しくなってきたので、夜風でも浴びながらふらーっと散歩したんです。

途中でベンチがあったので、そこでちょっと一休みして家に戻ってきたときのこと。

 

首筋がちょっとムズムズするなぁ…とおもい触ってみると、まさかの感触が!

 

プニュ…。

 

えぇ、叫ぶまもなく、とっさに手ではらいましたよ、もちろん。

どこにいったか探すと、なにか細ながい物体がモゾモゾと床を動いています。

 

イモムシ!

 

ひさしぶりに見ました。おそらくベンチに座ってるあいだに木から落ちてきたんでしょう…。

 

くぅーーーーー!っとカラダのなかから湧きでる気持ちわるさを抑えながら、さっそく写真を撮りましたよ。

 

え?みたくないって?

 

いやイモムシマニアの方もいるでしょうから、のせときます。

イモムシ 写真

うわ!

クネクネうごいてます。

 

こやつが首元にいたんですよ。モゾモゾって。

 

想像するだけもヤバくないですか?

 

しかも帰ってきてから5分ぐらい気づきませんでしたからねぇ。あたり一面を動きまわってたかと思うと、ホント気持ちわるい…。

 

どうせなので、角度をかえて、もう1枚。

イモムシ 写真 床

 

ぐわぁ!!!

 

どの角度からみても、気持ちわるさ満点です。

 

しかしですよ、あなどれないことにこれがあのキレイな「ちょうちょ」になるんですからねぇー。なにごとも見ためで判断してはいけませんよ、ホント。(←これがこの記事で一番言いたいこと)

 

スポンサーリンク

 

 

ボクのお婆ちゃんが昔やってたように、手のひらで叩きつぶすなんてことはせず(これマジです、当時も恐ろしかったですが、いま思い返すと恐怖以外のなにものでもない…)、外にはなしてあげました。

 

ベランダには蜂の巣があって、最近よくデカイ蜂がとんでるんでですねぇ、気をつけながらそぉっとそぉっと…。

 

どうやらイモムシは2、3週間ほどで「ちょうちょ」になるようなので、キレイな姿になって戻っておいでー、と話しかけておきましたよ。

本当にきてくれると嬉しいけどなぁ。