MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

マジ?アメリカやハワイでは気温が100度を越えます!ガロン、マイル、オンス、華氏。単位が紛らわしいので旅行は気をつけて!

アメリカ国旗の画像

ハワイで経験した人も多いでしょう。

 

アメリカは長さや重さ、はたまた温度まで、単位がほかの国とはちがいます。

計算するにも小数点がはいる中途半端な数値なので、すごーく困るんですよ。

 

それでは、どういった単位が異なるのか、代表的なものをみてみましょー。

長さ=インチ、フィート、ヤード、マイル

アメリカ 長さ 単位 表 画像

アメリカ・物の単位・サイズ

 

きいたことがある単位ですが、すごーく、わかりづらい。

 

ボクはロサンゼルスに住んでたとき車にのってましたが、速度表示、目的地までの距離が全部マイルで書かれてるんですよ。いちいち計算するのも面倒なので(運転中だし)、だいたいこれぐらいかなー、ってアバウトに考えてました。

重さ=オンス、パウンド

アメリカ 重さ 単位 表 画像

たまに見かけます。 

スポンサーリンク

 

容積=パイント、クオート、ガロン

アメリカ 容積 単位 表 画像

 

スーパーマーケットで売ってる飲み物がガロン表示です。牛乳を買う機会も多かったんですが、すべてガロン!

しかもレモン(だったから?)等のフレーバーをつけた牛乳や、日本のパックの10倍ちかくはありそうな超巨大パックで売られてたりします。カルチャーショック…。

 

あ、最近では日本でもイギリス式の飲み屋も増えてきて、パイントを目にする機会も増えました(Hubとか)。

 

ただし、イギリスとアメリカでは呼び名は同じでも量が違うみたい。

超まぎらわしい!わかる人のほうがすくないだろうなぁ。

 

イギリスでも「パイント」、「クオート」、「ガロン」が、容積の単位として使用されているが、アメリカの「パイント」、「クオート」、「ガロン」と若干違いがあり、等しくない。(例:1USガロン=UK0.83UKガロン)

アメリカ・物の単位・サイズ

 

それとこれって知ってます?

 

イギリス英語では、ラバー(Rubber)=消しゴムだけど、アメリカではコンドームを意味するんです。

 

これはイギリス人とアメリカ人が話すと起きることで、職場や学校で「消しゴム持ってない?」と聞くと、コンドームを差し出されます。ご注意あれ。

温度=華氏

アメリカ 温度 華氏 単位 表 画像

これも厄介で、天気予報の温度はすべて華氏表示。きょうの気温は90度です!なんてことが普通に起こります。しかも華氏から摂氏への計算って複雑なので、気温が何度かなんてどうでもよくなります。

摂氏(℃)から華氏への計算方法: (華氏の温度-32) X 5/9

 

誰かとはなすときは、体感温度でザックリと伝えてました…(笑)

さいごに

こうやって書くと、アメリカって単位にかんしては凄まじくわかりづらいですね。ボクは住んでたときに鬱病を発症したわけですが、こういったことも知らず知らずのうちにストレスになってたんじゃないかなー。

 

だって日本にいたらすんなり入ってくる情報もイチイチ計算しなきゃいけないんですよ。まぁ面倒だから計算しないにしても、漠然とストレスを感じてたことは間違いないでしょう。

車を運転してて目的地までの距離もわかんないわけですし…。

 

みなさんも旅行するときは、お気をつけくださいな。