MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

日本最古の城「犬山城」がハンパない!荘厳で歴史を感じさせる佇まいは国宝の名にふさわしく、訪れる者を過去にタイムスリップさせます。

最終更新日:2017216

 

日本を代表する城のひとつ、国宝の犬山城

 

日本に現存する最古の城として魅了する佇まいは、訪れるものに歴史の重みを感じさせるほど美しいものでした。

大自然がのこるすばらしいエリアに感動したので紹介します。マジおすすめ。

 

一番の最寄駅は犬山遊園駅ですが、今回は下調べをほぼしなかったので、そんなことは知らず、てっきり一番近いと勘違いした犬山駅から歩いて向かいました。まぁここからも歩いて15分ほど。近かったです。

犬山城 アクセス 食事 買物 写真

朝まだ9:30と早かったこともあり、旧市街の街並みがのこるエリアは、開いてない店が多かった。ちょうど開店準備をしてました。

 

こういった風情のあるエリアって、日本の観光地にはいたるとこにありますよねぇ。細かくお店一軒一軒をみれば、それぞれに違いがあるんでしょうが、お茶屋さんやお土産屋、どうも似かよったものに見えてしまうのは、ボクだけでしょうか?

 

犬山城 アクセス 写真

こういった見たことないものは楽しい。

 

犬山城 歴史ある建物 写真

 

現存する日本最古の城、犬山城まではこの道を抜けてすぐ。

 

犬山城までのアクセス 入口 写真

 

残念ながら、ここに到着したと同時に大雨が…。

しばらく雨宿りしました。

 

でもやむ気配がないので、傘をさしながら入り口をはいっていきます。

 

春は新緑がキレイです。

紅葉の時期もすばらしいでしょうね。

 

犬山城 入口から天守閣までの道 写真

 

着いたー!

犬山城 写真

ほかの城にくらべて小さいんですが、歴史を感じる佇まいで、いままで見たことがある城とは一線を画してました。いやー、いい!一瞬で惚れました。

 

スポンサーリンク

 

 

週末ということもあり、入り口では10分ほど待ちました。

というのも階段が凄まじく急です。

 

なかの階段もスゴイ角度!

犬山城 急な階段 写真

お年寄りにはキツそうです。

 

エレベーター付きの名古屋城とは雲泥の差です。

 

参考:え?名古屋城はエレベーターで登れるの?それと、あの金のシャチホコは今まで3回ほど盗難にあったみたい。 

 

いい雰囲気です。

 

犬山城 歴史を感じられる写真

 

最上階からの眺めは絶景!

鵜飼いで有名な曽根川です。 

犬山城 天守閣からの景色 写真

 

川の向こうは岐阜県だったはず。

 

この絶景をグルッとみてまわる道がまた味わい深く、人がやっとすれ違えるほどの幅なんです。

犬山城 天守閣まわりの通路が狭い写真

 

こわい…。

 

右回りで立ち止まってると後ろから人が来るんでですねぇ、ボクは5週ぐらいしてしまいましたよ。でもこの景色は圧巻です、ぜひ楽しんでください。

 

帰りは犬山遊園駅へ。

そのちかくからも犬山城がみえました。

犬山遊園駅からの犬山城 写真

 

駅前には観光マップがあったし、やっぱり観光はこの駅からの方がいいみたい。 

さいごに

いやー、犬山城サイコーです!ほかのお城とは違うので本当にオススメできますね。愛知に旅行でくると名古屋城は行っても、この犬山まで足をのばす人は少ないんじゃないでしょうか?

ホントもったいないですよ、それ。

 

ガイドブックをみても犬山ってそこまでガンガンにアピールしてる場所じゃないのが不思議なぐらい。

名古屋からも電車で30分かからない距離なので、むしろ名古屋城にいくぐらいなら、ボクはこの犬山城まで足を運ぶことを猛烈にオススメします。

 

城のすぐ近くにはこうした素敵な温泉宿(ホテル)がありますし、1泊ぐらいしてゆっくり過ごしたいですね。

 

ネットでは300分の1サイズの模型がありましたよ。ほしいかも。

 

《参考にしたい記事》 

犬山に電車で行く方は、こういったセット券を利用するとお得です。

⇒ 名古屋から犬山までのアクセスは「犬山城下町きっぷ」をつかうとお得です。名鉄電車の往復乗車券、犬山城入場券、名鉄クーポンつき。

 

犬山は桃太郎の誕生伝説がのこる土地で、こんな奇抜な神社もあります。

まわりには自然豊かな公園・広場もあるので、時間があれば訪れてもいいでしょうね。

⇒ 犬山の桃太郎神社がハンパない!小規模ながらも異彩を放つその様は、タイプスリップした異次元空間。

 

中部国際空港(通称:セントレア)のある常滑市は焼き物の町です。

時間があればふらっと立ち寄るのもおもしろいはず。

⇒ 名古屋からのプチ観光におすすめ!中部国際空港がある常滑は「猫と焼き物」の町だった。