MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

自己分析といった体系的なものでなく「自分の深層心理と対峙せよ」!うつ病だけでなく、就活生、転職を考えてる社会人、誰にでも当てはまる。

うつ病の体験記や考えを自由にこのブログで書いてますが、検索流入をみてると病気で苦しんでる人が助けを求めて検索してるのが見て取れます。

 

それをみるたびに「どうにかしてあげたい」という傲慢な気持ちになり、でも結局のところ何もできなくて、じぶんの無力さを感じます。

うつ病 無力

唯一ボクができることといえば、こうやって自身の体験を書き、その体験を通して感じたこと、学んだことを共有すること。そこから何かしらの気づきやこういった考え方もあるのか等、すこしでも参考になれば最高に嬉しいのです。

 

 

ただし、声を大にして言いたいのは、ボクの意見なんてたかが1つの考え方であって、それを鵜呑みにしないで欲しい!ということ。

 

うつ病で苦しんでるときほど、じぶんに都合よく偏った情報を鵜呑みにしがちです。それで自身の進む道を失ったり、騙されたりといったことも実際に起こるので、まずは色んな情報を集めたほうがいいですよ。

 

ネット、医者(できれば複数)、本、体験記。これらから可能な限り情報をとり、知識をつけることが、回復へ大きく前進させることになるはずです。

 

スポンサーリンク

 

 

自分の深層心理と対峙せよ!

そして、ボクが就活してた10年前といまは違うのかもしれませんが、就職活動で流行りの自己分析といったものではなくて、もっと自分の内側と対話することが大切だと感じます。

 

内側の深いところにある、じぶんを自分とさせているもの。表面的な意味合いが強くなってしまった自己分析よりも、心の奥底から欲している渇きのようなものを感じとる努力をしてほしいのです。

 

まぁうつ病であれば、そんなこと言われなくても、否が応でもやらざる得ないと思いますが…。

 

なかなか先が見えずに苦しい時期が続いてたとしても、あまり悲観的にならないでください。そういった努力が実を結び、生活に徐々に光が差してくるはずですからね。

 

参考:転職活動でピンとくる企業が見つからない?facebookを使った「switch.」を試してみよう