MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

楽天市場は集客力が桁違いに高いので、ブランド運営者は出店を検討すべきです。

最終更新日:2016年8月29日

 

ブランド運営者は楽天市場への出店を考えてもいいでしょう。ボクはオーガニックコットンのTシャツブランド「Viri Fide」で2年前に出店を検討したので、参考までにそのときに考えたことを共有します。 

集客力が桁違い!

楽天市場の一番の強みはこれでしょう。

 

毎月の出店費用がかかりますが、あなたのサイトを訪れる人は劇的に増えるんじゃないでしょうか。そこで実際に購入されるかどうかは、商品、ブランドの魅力、ページの作り方等が分かれ目となるでしょうが、訪問数は格段に増えそうです。

 

本当に集客力には定評があるのが楽天市場です。

楽天市場 集客力

 

通販におけるシェアを表した資料も。

 

楽天市場 集客力 通販のシェア

 

これは数年前なので今はもっとアマゾンが伸びてる気がしますが、それでもすごいシェアですよね。 

方向性が見えたら参加を検討

ボクが2年前にブランドの集客で検討した先のひとつが楽天市場です。

比較するための資料として無料の資料請求をしました(無料だし参考になるのでオススメ。そのときに担当者がつくので、疑問点があれば聞いてみるといいでしょう)

  

ぶっちゃけブランドの方向性が定まってないときに楽天市場への出店はオススメしません。ブランドとしてコンセプトが定まり、方向性がはっきりと決まって、さぁ売上を上げていこう!といった時期に出店するのが一番いい。

 

商品の品質がよければ売れる!

ボクらはシルクスクリーンのデザインTシャツをつくり販売しています。

利用中のサービスは簡単に通販ページをつくれて集客の仕組みもあるSTORES.jp。

 

参考→ 初心者必見!ネットショップ開店は「STORES.jp」が断然オススメ!ZOZOへの自動出店が魅力的で、プロモーションも抜群に強い

 

それは置いといて、楽天市場を検討しながら色々と調べてると、ぼくらと似たようなコンセプトで楽天市場に出店してるブランドがすでにあったんですよ。

 

名前はふせますが、彼らはその時点で楽天市場を2年ほど利用してたようで、レビューをみると毎月数十枚といった数量を販売してることがわかりました。

そのブランドはTシャツのデザインが魅力的でお客さんへのアピールもうまく、他社とはちがうブランドの独自色を鮮明にうちだしていました。だからこそ、相当な数量を定期的に売ることができたのでしょう。

スポンサーリンク

 

ネット上のデパート

楽天市場は町中にあるデパートと似たようなもので、ネット上でのみ展開しているショッピングモールといったとこでしょうか。

 

買い物で「ぶらー」と歩きまわって立ち寄ってみたら好みのお店を発見!なんどか利用しているうちに徐々にファンになっていく感じ。

 

まずは自分たちのことを知ってもらわないことには何も始まりませんからねぇ。見てもらえなかったら存在しないのと一緒なわけです。

だからこそ「ぶら〜っ」となんとなく商品を探してる人たちが立ち寄る楽天市場は利用価値が高いのです。

 

サポート体制の良さもアピールしてますね。

楽天市場 サポート体制

 

くりかえし言いますが、通販においては「ブランドの存在を知ってもらうこと=集客」が一番大事なので、楽天市場のようなモールは利用価値が高いのはまず間違いありません。

資料請求して検討せよ!

まずは他社とのサービスを比較することが大事です。

いまも大手企業をはじめ、中小のブランドが出店し続けてるのは、この楽天市場に出店するだけの価値を見いだしてるからですに他なりません。

売上をあげたい、ファンを作りたい、認知度を上げたい、といったブランド運営者は検討候補にいれてみてください。

 

無料の資料請求で疑問点が解消されるだけでなく、どうやって売上をあがていけばいいかイメージがつかめることでしょう。

下記ページからお得に資料請求することをオススメします。

 

ネットショップ出店案内【楽天市場】詳細はこちら

 

ご参考まで。