MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

激怒されました。はたして「お客様は神様」なのか?ブランドだって商品を販売する相手を選んだっていいでしょう。

Tシャツ 返品

最終更新日:2016年5月11日

 

どうにも胸くそ悪い出来事があったのでストレス発散もかねて書きます。

できごとの経緯

まず、お客様にぼくらのショップの通販ページからTシャツを3枚購入してもらいました。いつもどおり注文の品をアトリエでシルクスクリーンプリントで製作し、商品を発送して無事に受け取っていただいたものの、どうやら全てサイズが合わなかった模様。

 

なので3枚ともサイズの変更をしたいとメールを受け取ったのです。

 

はい。そこまでは問題なし。あまり交換、返品の要望がいままでなかったこともあり、ここで完全なボクの判断ミス。

「3つのうち2つは変更するサイズがあったのでOK、ただしもう1つについてはご希望されるサイズの在庫がないので返品できません」と回答してしまいました。

 

あとからお客様から指摘をもらって考えたのですが、これは確かにボクが悪かったです。サイズがある別デザインへの交換、または返金を提案すればよかったと反省しました。ごめんなさい。

 

ただですねぇ、言っちゃぁなんですが、この方からはもう心底お怒りのメールが何度かきて、ボクの人間性を全否定ですからね。ましてや「日本語がわからない人からは買いたくないので全部返品します!」ときたもんだ。

 

あらまぁ、そこまで怒らなくても……と思いながらも状況説明してやりとりしていると、本当にネチネチしつこいんですよ。同じことをメールで何度も何度も。

 

それだけ気分を害された、といったことなのかもしれないですが、ボクのメールってそこまで酷かったのでしょうか?ボクなりに考えて送ったつもりなんですけどねぇ。

 

どうやらこの方は普段からオーガニックコットンのお店をいろいろと利用するようで、そういったサステイナブル商品を扱う店は接客態度が悪いことが多い!、とも話してましたが、はたして本当にそうでしょうか?そういった店が特別に悪いというわけではないと思うのですが……。

 

スポンサーリンク

 

 

お客様は神様なのか?

この方をみてて率直に感じたのが、お店やブランドに対するリスペクトの気持ちを微塵も感じられないわけですよ。ボクの送ったメールに激怒して、「そんな対応はあり得ない!」「日本語がわからない人から買いたくない!」と…。

 

まぁ正直いって気分悪いですよね。気分を害したのは謝ります、ごめんなさい。でもボクもそう激怒されて大変気分を悪くしております、って。

 

ボクらの商品はオーダーをもらってから1枚1枚、丁寧に作り上げて、想いを込めて発送させていただています。

 

それに対してそういった反応をされるのは大変残念なことです。

(商品というより、ボクの対応にお怒りなわけですが……)

 

まぁここまで激怒してるので二度と注文をもらうことはないでしょうが、ボクはお客様が神様だとはおもっていませんので、このお客様には二度と商品を販売することはないでしょう。万が一、注文をもらうことがあってもお断りするレベルです。

 

とりあえず3枚とも返品されてくるようなので、商品の到着を待って、ご注文のキャンセル処理をします。