MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

明治時代を彷彿とさせる古民家風カフェ「珈琲屋らんぷ」!東海地方を中心に展開し「レトロな雰囲気」と「こだわり焙煎」が特徴で居心地抜群!

いいカフェを発見しました。 

そこで前回のコメダに引き続き、第二弾!

東海地方を中心に展開し、まだ関東へは進出していない「珈琲屋らんぷ」です。

 

珈琲屋らんぷ

愛知、岐阜、三重では結構メジャーなようで、計58店舗を展開しているカフェ。

こんかいお邪魔したのは、愛知県東部の四軒家店。

 

珈琲屋 らんぷ

「珈琲屋らんぷ」の特徴であるレトロな外観がいい感じ。

 

 

珈琲屋 らんぷ 外観

これが高級店とかじゃなくて、一般的なカフェですからね。

いい雰囲気です。

 

珈琲屋 らんぷ 雰囲気

入り口も立派!

 

内装もレトロ感満載の雰囲気で、ゆったりとくつろげます。

珈琲屋 らんぷ 内装

 

庭も純和風。

 

珈琲屋 らんぷ 庭

 

飲み物のメニューはこんな感じ。

 

珈琲屋 らんぷ メニュー

 

サンドイッチなどの軽食もすこし置いてあるようでしたが、食事だけでは利用価値は低いかな。

 

つづいてデザート。

 

名古屋 珈琲屋 らんぷ デザート

名古屋 珈琲屋 らんぷ ワッフル

 

種類がおおくて、ぜんぶ美味しそう。

 

このなかから、ボクは冷たい「カフェフレーバー」、妻は「チョコレートワッフル」を注文。

 

あ、そういえば驚いたことに、着席するなりオシボリとピーナッツが出てきました。

珈琲屋 らんぷ ピーナッツ

 

サービス精神旺盛な名古屋スタイルとでもいうのですかね。

 

珈琲屋 らんぷ ピーナッツ 写真

 

おいしい。

 

スポンサーリンク

 

 

ポリポリと豆を食べてると、しばらくしてボクの飲み物が出てきました。

 

名古屋 珈琲屋 らんぷ 画像

 

で、デカイ!

 

いやはや大きさに驚くことが多い名古屋ですが、ここも大きなサイズ。

アイスとクリームがはみだしてます。

 

コーヒーは深みがあって美味しい。

 

しばらくすると、妻のワッフルも運ばれてきました。

 

名古屋 珈琲屋 らんぷ チョコレートワッフル

 

これもデカイ!

アイスとクリームが山盛りです…。

 

ん、甘い!アイスもクリームも、とにかくリッチな味わい。美味しい。

 

ただ量が多いのと味が濃いので、さすがに妻ひとりでは食べきれないようで、ボクもいただきました。

 

名古屋 珈琲屋 らんぷ カフェ

ボクは乳製品の会社で以前働いてたので、乳脂肪をつかった良いクリームか、植物油脂をいれたクリームかって結構わかるつもりなんですよ。そんな経験からしても、そこそこ良い乳脂肪をつかってるんじゃないかなー、と感じました。

 

名古屋 珈琲屋 らんぷ カフェ 完食

 

完食!

おなかいっぱいです。

ちなみにここのホットドリンクは、ウェッジウッドのカップで出てくるので妻のお気に入りです。

感想

いやー、東海地方だけに存在する素晴らしいカフェですな。

名古屋でのボクのお気に入りカフェに入りましたので、また来ることになるでしょう。

こんどはぜひ昼の12時までにきて、軽食つきのドリンクを堪能したいとおもいます。

 

東海地方にきたら皆さんもぜひお試しください。

 

 

参考:コメダ珈琲のバーガーと「みそカツサンド」は大食いサイズだった!名古屋は本拠地だけあってコメダだらけ