MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

鬱で闘病中の旅行は慎重に。いつでも帰宅できるよう、柔軟性をもった予定をたてておくと安心です。

うつ病 旅行

 

「うつ病、旅行」といったキーワードでブログを訪れる人を見かけますので、ボクが思うことを書きます。

 

結論としては、じぶんの体調を見極められるなら旅行もバンバンしていい、かなと…

 

ただ、どの程度まで体調が悪くなったらヤバイ!といったことを把握できないのであれば、まだ旅行は控えたほうがいいのではないでしょうか。

旅行は大きなストレス!

旅行って健常者ならリフレッシュになりますが、あたらしい環境に身を置くストレスって予想以上に大きいものなんですよ。無意識のうちにストレスがどんどん蓄積していくので、うつ状態にある人が旅行をするときには注意が必要です。

 

ボクの例をとってみると、うつ病で1年半のあいだ休職してたとき、旅行には何度かいきました。しかも一人旅で日本各地へ。ただ一つだけ注意してたことがあって、それは自分の体調の変化には十二分に気をつけてたこと。

 

すこしでも、

 

「あれ、なんかマズいな…」

「ん、なにかボケーとしだしたぞ」

 

といった変化がないか気をつけてて、そう感じたときにはすぐに旅行をやめて、ゆっくり安静にしてました。

 

スポンサーリンク

  

体調の変化を感じられるかどうかがポイント!

ある程度うつ病とともに過ごしてると、だんだんと体調の変化がわかってくると思うんですよ。なんかおかしい。そろそろヤバそうだ。といった具合に……。

 

はっきりした根拠はないものの、いままでの経験からくる第六感のようなものがパッと危険信号を送りはじめるわけです。

 

なので、ヤバイときにどういった症状があって、どう対処するか、そういったことが事前にしっかりと把握できてるのであれば、旅行はバンバン行ったってかまわないと思いますよ。ボクがそうしてましたし、旅で得るものって何事にも変えられないことばかりですから。

現実逃避の旅行は慎重に!

ただし、これもやったことありますが、現状の何もかもが嫌になって、たんに逃げ出したいから旅行するのはどうでしょう…

 

もちろん逃げ出すことも大切でしょうから、旅行中なにかあったらいつでも帰れるようにしとくなど、柔軟な旅行計画をたてること

 

旅にでて体調を悪化させたら元も子もないので、あくまでも体調を第一にかんがえて行動するよう心がけてくださいね。