MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

やまさいず=山サイズ!外国人の妻が新しい日本語を発明!量をはかる「物差し」らしい。

山 写真 大きい

 

妻が「やまさいず」といった言葉をよくつかいます。

一体どこで習ったのかと思ったら、どうやら自分でつくりあげたみたい。

会話してたらいつの間にか使うようになってました(笑)

 

最初は???だったボクが爆笑してしまったこともあり、いまだ使い続けています。

 

わかりますかー、これ。

 

なんと、やまさいず=山サイズ

 

量が多かったり、何かがいっぱいだった時につかうようです...。

 

じっさいに使ってた用法は、

 

ボク「今日の食事おいしかった?」

D「山サイズおいしかった」

 

ボク「きょう楽しかった?」

D「山サイズ幸せだった!」

 

ははは。メチャクチャだけど、なんかオモシロい。

てか、こうやって文字にすると全然おもしろさが伝わらない......。

 

じっさいにはこの100倍ぐらい爆笑ものですよー。笑わなかった人は、ボクの文章力を批判してください!

 

スポンサーリンク

 

 

でも妻が外国人で日本語を勉強中だからいいものの、日本人がやってたらクルクルパー感が満載ですからねぇー。

 

ぜひ機会があったら試してみてください。

相手がどんな反応するか楽しみです。

周囲が凍りつき、微妙な空気が部屋中に充満するでしょうー(笑)