MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

お寺に泊まる「宿坊」!真言宗の聖地「高野山」で精進料理をいただきました。

ちょっと前に和歌山の高野山にいったので、せっかくなので宿坊体験してきました。

宿坊とは僧侶や参拝者用につくられた宿泊施設で、雰囲気はまさにお寺!

まるで、お寺のなかに泊まったような気分になる不思議な空間なんですよ。

 

そこで仏教特有の精進料理(肉や魚をつかわず、野菜や穀類の食事)が夕食として出されたんですが、とおされた部屋に驚きをかくせずにいられませんでした。

 

それがここ。

 

宿坊 高野山 真言宗

 

ポツン......。

 

6畳ほどの部屋のまんなかにポツンと1人分の食事が用意されてる...!

この部屋にとりのこされたボクは、食材を噛む音がよくきこえる静寂のなか、もくもくと食べ続けました。

漬け物の音がホントひびきわたる...。

 

その食事も公開。

 

宿坊 高野山 精進料理

 

くわしいことは知りませんが、仏教はもともと殺生を禁じられてたらしいので、野菜と豆と穀類が中心の精進料理。

ヘルシーで、とてもおいしくいただきましたよー。

 

それにしても、ああいった静寂につつまれた食事もいいものですな。

食べることだけに集中して、ひと噛みひと噛みを感じられ、食材の美味しさ、ありがたみをいっぱいに感じました。

 

スポンサーリンク

 

 

東京からだと和歌山って行きづらいんですよねぇ。一回大阪まででなきゃいけなかったり。でも、真言宗の聖地だけあって雰囲気があります。名だたる武将のお墓があり、しかも超デカいし、不思議な形をしてて見てるだけで圧倒されますよ。オススメの観光地ですな。

 

あ、高野山の宿坊寺院がのってる一覧がありましたので、のせときます。

 

一般社団法人高野山宿坊協会・有限会社高野山参詣講

「朝のお勤め」や「写経」など特別な体験ができます。ふつうの旅行とはちがうので、一度は泊まってみると面白いでしょう。