MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

カラオケとか「お酌」とか専門商社での「サラリーマン作法」が超面倒だった件

ビジネスマン サラリーマン

 

こんなニュースを見ました。

 

なぜ仕事ができない人はカラオケが苦手なのか?できる社員はカラオケも巧妙に利用する – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース

 

ボクは前職が乳製品の輸入専門商社で、お客さんとカラオケ行く機会って多かったんですよ。飲み会いって、そのあと流れでカラオケに行くパターンが結構あってですねぇ。もう嫌で嫌で仕方なかったのを思い出します。

 

ボクが凄まじい気分屋なのもあり、楽しいときはいいんですが、憂鬱なときも多いんですよねー。まわりが知らない歌だとシラケルし、かといって歌いたくもない歌ってのも嫌だし。

 

ただし、ここがポイント!

 

サラリーマンは強制されるのですよ!

 

よくしらない演歌も歌わされ、「声がだせてない!」と年配の人にケチョンケチョンに言われるわけですよ。内心では「そんなん知らんがな!」と思うものの口に出すことはできず…。

だんだんとトラウマになっていったのを思い出します。

 

ホンと嫌だったなー。

 

できるだけ歌わないようにしてましたが、もう強制ですからね。ヒドイ仕打ちなわけです。

まぁ場を盛り上げて仲良くなって、大量のオーダーをお客さんからもらうといった商社では当たり前のやり方だと思いますけどねぇ。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、そんななかスゴイ先輩がいました。

歌がウマイわけじゃなくて、場の使い方、人の心の動かし方が凄まじくウマイんです。

本人は滅多に歌わないですからねー。でも会話と合いの手(?)が絶妙で、歌わないのに相手の心をつかんで場の空気をつくるんですよ。

こういった技術があればラクなんでしょうが、ボクには到底真似できなかったなー。

 

仕事ができる出来ないは置いといて、カラオケも強制されたら楽しくないですよねぇ。

 

嫌な人はひたすら拒否してみたら?

カラオケや飲み会に行かないだけで、社内関係が悪化するかもしれませんが…。

 

ホンと、こうやって思い出すだけでも思うことがあります。

 

あー、やっぱりサラリーマンって面倒くさそう!

 

もうボクは「ボロボロ」に疲弊したサラリーマンには二度と戻らないでしょう。