MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

残業が美徳だという価値観。精一杯「働いてる」アピールやめれば?

残業 居残り 仕事

 

たまに見るんですが、あなたの周りにもいませんか?

 

とにかく働いてることをアピールする人たち。

 

「今日は残業でさぁ、夜中になっちゃうから」

「毎日、忙しんだよねー。まともな休みなんて3ヶ月以上とってなくてさ」

 

こういった忙しいアピールをする人は、極度のナルシストなんですよ。働きまくってる自分はかっこいい!といった理想論があるのでしょう。

 

別の言い方をすれば、ボクは仕事ができません!といった無能アピールだとも言えますけどねー。欧米では就業時間外に仕事をする人は、時間管理のできない人、仕事のできない人とみなします。だって、論理的にも就業時間内にやるべきことができない人なわけです。

 

スポンサーリンク

 

 

そうそう、ボクのまわりにもいるんですよねー。どれだけ仕事が忙しいかを精いっぱいアピールしてる人。SNSで毎日せっせと忙しさを自慢げに見せびらかしては延々とそれを繰り返す。もちろん、いいね!もつかないですよねぇ。なにをしたいのか全くわからないですな。

 

まぁ、一種の反面教師というか、世の中の広さを認識させてくれますな。

仕事が忙しければ、そんな必至にアピールする時間もないと思うんですけどねー。必至感がグングンと伝わってくるわけです。あ、俗にいう「かまってちゃん」なのかもしれません。

 

みなさんも気をつけましょう―!