MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

世界の物価地図があった!スリランカやオーストラリアでの生活を考えてる僕にとって「超ありがたい資料」です!

世界の生活費をあらわした最新の図が公表されたようです。

発信元は、海外移住を考えてる人向けのサイト「MoveHub

 

世界の物価 地図

「生活費が高い国」トップ20に日本もアメリカも入っていない 1位は?(インフォグラフィック)

 

カラーチャートの左が一番高くて、右になるごとに低くなっています。

 

実感的にはまぁこんなとこかなーといった感じですが、北欧って高いんですね。

 

ボクはスリランカ系のオーストラリア人の妻がいて、彼女は国籍を3つ持ってるんですよ。えっと、スリランカ、カナダ、オーストラリアの3つ。

 

参考:国際結婚しました!オーストラリア人のダヌちゃんを紹介します

 

海外に住みたい人って相当数いると思いますが、そのときに問題になるのがビザだと思うんですよ。さすがに「ホイホイっ」と誰でも入手できるものではないんでですねぇ。海外に住みたくても難しい人もおおいのが現実でしょう。

 

ただボクの場合は、いくつかの国であればまず大丈夫なはずなんですよ。

もちろん「ホホイっ」と取れるわけではないんでしょうが、妻が国籍もってますからねー。

オーストラリア、カナダ、スリランカのビザはまず取れるでしょう。

イエーィ。うらやましいだろー!

 

それと、ニュージーランドは地理的な事情からオーストラリア人は入国後ビザがくっついてくるようで、ボクも問題なく取れるのかもしれません。さらにアメリカもカナダ国籍があると似たような感じらしいです。

 

そう考えると、くわしく調べてみないとわかりませんが、ボクは将来的にオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、スリランカの5ヶ国のビザは入手可能で、合法的に住むことができることになります。

 

そう。海外に拠点をもちたいボクとしては、選択肢が広がりますな。ガハハ。

 

スポンサーリンク

 

 

想像するだけで、チョー楽しい!

 

そこで、冒頭の世界物価地図が役立つわけです。

Smart News(スマートニュース)みてて、コレを見つけたときは、ものすっごく嬉しかったんですよ。ホントもうワクワクが止まらなくて、入国管理局で妻の日本滞在ビザの順番待ちだったんですが、頭ではいろんなことを考えてました。

 

オーストラリアの物価は異常だし(日本の数倍は高い印象ですよ)、カナダも高そうだし、そうすると、段階的にスリランカが一番いいような気がするんですよねー。

 

妻の親戚もいるし、ブログとか何らかの形で日本円での収入があれば普通に生活できるでしょうし、スリランカと日本を行き来する生活というのもアリでしょう。

 

それにこの記事「スリランカでの「ものづくり」プロジェクト!古都キャンディ郊外の村民がつくる「伝統工芸」を紹介しま」のとおり、スリランカの地方でちょっとしたプロジェクトにも既にかかわってるわけです。内戦が終わってからまだ日が浅いため、まだまだ未開の地がおおいので、絶対に楽しいはずです。

 

ちょ~っと、そのあたりも視野にいれて、将来設計をたてているのであります。

まぁ、計画は計画であって、超大ざっぱで流動的にしといた方がいいとは思いますけどねー。ワクワクが止まらない!

www.motohashi-yuta.com