MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

フェアトレードコーヒーの日があるスターバックス。大手ブランドのエコ市場参入について思うこと

スターバックスがこういった日を設けてるとは知りませんでした。

生産者や環境配慮に凄まじく遅れてる印象があったブランドですが、どうやら変わってきてるようです。いい傾向ですな。

フェアトレードコーヒーの日

スタバ フェアトレードコーヒーの日

フェアトレードコーヒーの日|スターバックス コーヒー ジャパン

 

ボクはスターバックスというと専らカフェラテ(スターバックスラテって言ったよね?)で他のものは何年も飲んでません(といっても、行くのは数ヶ月に1回とかですが......)

 

スタバが他のブランドより美味しい気がするのって、あの雰囲気やブランドイメージによるとこが大きいのかもしれませんよねぇ。無意識のうちに少なからず影響は受けてるでしょうし。

 

そのスタバが、フェアトレードの取り組みをスタートしたのは素晴らしいことだと思います。

 

以前からフェアトレードコーヒーを販売しだしたような話はどっかで聞いてはいましたが、こうやって大々的に毎月アピールする日を決めちゃうのは、さすが!といった感じですね。

 

スポンサーリンク

 

続々とはじまる大手のエコ市場参入 

GAP(ギャップ)NIKE(ナイキ)も今でこそ環境配慮してるイメージが多少は浸透してきてますが、元々は労働者への待遇が劣悪で、大々的な市民の不買運動がアメリカで起こって大損失した過去があるんですよ。

 

オーガニックコットンの使用量で世界最大のH&Mだって、数年前からコンシャス・コレクションといったエコを意識したラインを展開し始めましたよね。大量生産、大量消費といったビジネスモデルでどうやって環境配慮していくのか疑問が残りますが、まぁ通常のコットンを使うよりは明らかにいいわけです。

 

なにはともあれ、こうやって大企業が生産者や環境に目を向けはじめるのは素晴らしいことでしょうな。