MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

出店した「ハンドメイドマーケット」の感想まとめ!tetote(テトテ)、iichi(いいち)、Creema(クリーマ)、minne(ミンネ)など

ハンドメイドマーケット 手づくり 評判 感想

最終更新日:2017212

 

ボクが出店した(している)ハンドメイド・マーケットです。出品商品は全て同じで、オーガニックコットンの「シルクスクリーンTシャツ」と「トートバック」。ほぼ同じタイミングで販売開始して、1年以上にわたり利用した印象になります。

 

tetote(テトテ)

とにかくハンドメイド色が強い。

クリエイターというよりも、主婦層など、いかにも手づくりといった商品が合いそう。

 

 

iichi(いいち)

木工品などナチュラルでクオリティの高い商品が多い。

ボクらはここ経由の受注が多い。

 

 

Creema(クリーマ)

洗練された印象で、クリエイターのレベルもかなり高い。

上記の記事をかいた時点では受注が少なかったけど、なぜかそのあと随分と増えました。

いまは退会は検討してません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

minne(ミンネ)

おしゃれな商品も多くて、見てて楽しい商品が多い。

出店する立場としてもポンポン更新できる感じで、スゴク楽です。

 

 

ハンズ・ギャラリーマーケット(Hands Gallery Market)

アクセス解析できないし、どのくらい見てもらえてるのか不明です。

出店してても反応が全くわらかないので、更新するモチベーションが下がりました。あくまでもメインは手づくり品が置ける店舗スペースなのでしょう。

 

 

その他 

上記のようなハンドメイドマーケットに出店するよりも、取り扱う商品や完成度によっては、自社ネットショップを持ったり、楽天などのモールが有効な場合も多いです。ご参考まで。

 

まとめ

どのマーケットも一長一短あると思いますので、すべて試してみることをオススメします。

ただ、現段階ではハンズ・ギャラリーマーケットは試す価値があるか疑問ですねー。

ぜひ自分に合ったマーケット/販売方法を探してみてください。