MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

【驚愕】奥多摩で無料の住宅支援!さらに15年住むとその家がプレゼントされます。東京の郊外で「いなか暮らし」はいかが?

最終更新日:2017年5月13

 

昨日から始まった東京、奥多摩の新しい取り組み。近年、人口減少が激しいため、歯止めをかけるためにスタートしたプロジェクトのようです。

 

東京 奥多摩 いなか暮らし支援住宅

 

てっきり凄まじく古いのか思ったら、随分としっかりした感じの家です。無料で住めるうえに、15年たてば自分ものになるわけですからね。

随分と太っ腹ですなー。

 

東京 奥多摩 いなか暮らし支援住宅 家

 

詳細はこのページからどうぞ

キャンペーン終了してリンク切れです。いつも魅力的な取り組みをやってるので、ときどき奥多摩のホームページをチェックするといいでしょう。

⇒ 奥多摩町公式ホームページ

 

ボクは隣町の青梅で産まれ育って奥多摩にはよく行きました。東京では唯一といっていいほどの大自然が残る地域で、その環境からかクリエイターが多い地域でもあります。

 

草木染めや、地元の木材で作品をつくるアーティストがいたり、とても魅力的。

たしかに交通網は発達してないですし、スーパーやコンビニも数えるぐらいしかありません。不便なとこはありますが、それを上回るほどの魅力に溢れた地域です。

ちかくにはこうした素敵な温泉宿もいくつかありますしね

興味ある人は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

移住の第一歩は本を読むこと

この記事をみてるひとは移住に興味あるひとも多いでしょうから、移住関連の本をのせておきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

奥多摩だけでなく、こういった移住者むけのプロジェクトをはじめる自治体は年々増えてるので、地道に探しつづけると希望にあったものがみつかる可能性が自然とたかまるでしょうね。

地域おこし協力隊として地方に住む

2009年に総務省の指導により始まった「地域おこし協力隊」という制度があり、これは1年〜3年にわたって給料をもらいながら地方で仕事できるものです。

奥多摩はまだ参加してないものの、田舎暮らしをしたいのであれば、こうした制度の利用を検討してもいいかもしれません。

 

ただし注意点。

トップダウン式の肝入りで始まったこともあり、受け入れる自治体の環境がととのってないことがあるみたい。

「いざ住みはじめたら地方再生にあまり積極的でなかった…」なんてことのないよう、募集要項やOBの声をしっかりと確認するようにしましょう。

 

で採用段階で面接があるでしょうから、そのときの質問への受け答えや対応をみて、むしろこちら側も相手側をチェックするのがいいと思います。

ここに詳しい情報があるので確認してみてください。 

 

地方での暮らしに興味がある方とそんな方々を受け入れたい!

中古住宅をリフォームという選択

奥多摩や地方であたらしい生活をはじめる場合、オススメなのが中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションをすることです。

そうすれば新築を買うより安くなりますし、中古の雰囲気を活かした古民家風の家にするのもできます。

 

じっさいに「奥多摩で200万円の家をリノベーションした旅人(バックパッカー)!風情ある古民家に住む生活が羨ましい」で紹介した方は、中古住宅をリフォームして素敵すぎる家にしてますし、やりかた次第では新築よりも魅力的になります。

 

奥多摩や自然豊かな田舎では、もともと物件数がすくないので、いまある建物を自分流にアレンジすることで理想の家、住みやすい家にしてる人が多いものです。

こうした自由度の高さも自然が多い田舎暮らしの醍醐味ですね。 

 

ただし、いきなり中古住宅をリフォームやリノベーションするといってもイメージが湧きませんよね?

 

でもイメージが湧かないからといって選択肢に入れないのはもったいないので、そんな方は、リノベーションのことを総合的に学べるリノべる。 を覗いてみるといいかもしれません。

f:id:yutamotohashi:20170513125753j:plain

 

この会社は中古住宅の紹介と、その住宅をリノベーションして提供してくれる請負型リノベーションサービスをやっています。

 

わかりづらい費用相場やリノベーションの流れなど、リノベの情報力が多くて参考になりますよ。

f:id:yutamotohashi:20170513125751j:plain

 

情報量が多いため、疑問点を解決しながらイメージを膨らませることができます。

 

f:id:yutamotohashi:20170513125754j:plain

 

とくに物件の探しかたや個別相談など、役に立つイベントを全国でやってるのも嬉しいところ。

f:id:yutamotohashi:20170513131045j:plain

 

無料で参加できる講座なので、気になるのがあれば参加してみるといいでしょう。

 

奥多摩へ移住する、しないにしろ、これからの住まいを検討するにあたり、リノベーションを選択肢のひとつとして考えてみるといいですね。

ハマる人にはドンピシャで刺さると思います。

>> リノベーション向きの物件探しなら。リノべる。

家を建てる

とはいえ中古住宅だと希望にあう建物がないことも多いですし、家を建てたい人もいるでしょう。

そんなときに利用したいのが、複数の住宅会社から家づくりの計画書をもらえるタウンライフ家づくりです。

 

f:id:yutamotohashi:20170513145843j:plain

 

このサービスを利用するメリットはこう。

  • 住宅展示場に足を運ばなくても、ネットで家づくりの提案書がもらえる
  • 大手注文住宅会社から地元密着型の工務店まで、全国600社以上が登録中
  • 間取りや資金計画の提案書から、かんたんに複数の会社を比較できる
  • 利用はすべて無料

 

デメリットはこう。

  • 申し込み時に家の大まかなイメージが必要(部屋の広さや予算など)
  • 場所と条件によっては選択できる注文住宅会社が少ない
  • よくもわるくも住宅について色々と考えざるを得ない

 

なんといってもメリットは、複数の業者から計画書(間取りプラン、注文住宅費用、土地提案)をカンタンにもらえ、家づくりを具体的にイメージできることです。

 

f:id:yutamotohashi:20170513145842j:plain

 

最初からいくつも住宅展示場に足を運ぶのは時間と労力がとてつもなくかかってくるため、こうした便利なサービスは積極的に利用して、あるていどの目星をつけて進めていくといいでしょう。

 

依頼したから注文しなければいけない、といったこともないので、家づくりを検討してる方はぜひ試してみてください。

 

ちなみに奥多摩エリアでやってみたところ、注文住宅会社として3社がでてきました。

 

f:id:yutamotohashi:20170513152142j:plain

 

申し込み時の記載内容で、得意不得意からでてくる会社は変わってくるのでしょう。

こうした中から気になる業者を選んでまとめて計画書をもらえるのは便利ですね。

>>タウンライフ家づくりの公式サイトを見てみる

 

以上、「奥多摩で無料の住宅支援!さらに15年住むとその家がプレゼントされます。東京の郊外でいなか暮らしはいかが?」という話でした。

リノベーションや家づくりの話も参考にしてもらえたら幸いです。

 

参考:「住宅の無料支援」を打ち出した奥多摩!じつは「他の移住者むけ支援」も充実してます。