MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

窒息!?喉のアデノイドが肥大すると苦しい!幼稚園児のとき手術で切除しました!

アデノイドって知ってる?

 

皆がもってる喉の器官。

ボクは小さい頃に切除したのでありません。

 

まず、アデノイドの説明から。

 

アデノイド(咽頭扁桃)とはリンパ組織が集合したものです。
喉と鼻孔が繋がる部位に位置しています。

アデノイドが大きくなるピークの年齢は4・5歳です。

扁桃腺肥大とアデノイド肥大

扁桃の増殖性肥大症。子供に多い。鼻づまりを起こし,口を半開きにするほか,睡眠障害・注意力散漫・記憶力減退・難聴などを起こす。

アデノイド(アデノイド)とは - コトバンク

 

扁桃腺(?)が異常に腫れて、いろんな病気の元になるようですね。

イラストをみてもらうと位置を把握しやすいでしょう。

 

アデノイド 扁桃腺 肥大

 

口を開けたとき見える「のどちんこ」の裏のあたりにあります。

 

アデノイド 扁桃腺 位置

※ 画像はhttp://jibikkuma.jp/adenoid.htmlより。

 

肥大すると息苦しくなったり、口呼吸になったり、いろんな弊害がでてくるようです。ただ、なんらかの感染症で腫れたりすることはあるようですが、はっきりとした原因がよくわからないみたいなんですよねぇ。

 

スポンサーリンク

 

 

ボクは幼稚園児だったころ、息苦しさを覚えて、このアデノイドを切除する手術を受けました。初入院で同室のお兄さんがコンピューターゲームを貸してくれて、楽しかったのを覚えてますな......(笑)

 

そういえば、ボクは大人になってからも、しょっちゅう風邪ひくんですよ。

極端にいえば、1年中、風邪ひいてるといっても過言ではありません。

それぐらい簡単に風邪を引きやすい......。いまも体調よくないですし(笑)

 

ブルっ!と寒気がすると翌日には熱がでてることが多いですからねぇ。

 

風邪ひくたびに、「これってアデノイドの切除が影響してるのかなぁ?」なんて思ったりします。まぁたんなる思い込みかもしれませんが......。

 

幼稚園児の子どもに多いみたいなので、まぁこんな病気もあるよーってお知らせでした。