MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

リサイクルインクを使った「ポケット」が完成するまでの手順!手間暇かかってます。福袋にも入れます!

一部の商品につけてるポケット!どうやって作ってるのか気になる人もいるでしょう。

なので、このポケットができる背景をちょこっとお見せします。

 

http://instagram.com/p/xEi9EBlOLK/

 

二度と同じ色にはならない1点物です。

 

まず、インクは1点物のTシャツを作ったときの、混ざって使い道がなくなったインクを使用します。

こんな使い方もあるので、1版多色でシルクスクリーンしたときも一応コンテナに入れて取っておきましょう!

あとあと使い道を思いつくことだってあるのです。

 

http://instagram.com/p/m_yzZGFON8/

 

これを今度はデッドストックになって売れる見込みがすくないTシャツに塗っていきます!

もう感じるまま、感性にしたがって自由にやります。その際に霧吹きで水をかけたりもしてます。

 

スポンサーリンク

 

 

ちなみに、このTシャツはブランド起ち上げ初期のもので、ホッキョクグマが溶けてるデザイン!

地球温暖化でホッキョクグマの暮らす北極の氷が溶けてることを題材にしたものなんですよ。

意味は深いんですけどねぇ。人気、売上ともに、いまひとつな結果でした。

 

まだ在庫があるので、その上からシュッシュッと水をかけたり、ブラシでインクを塗ったり、好き放題に遊びます。

 

http://instagram.com/p/xEjP41lOLn/

 

この作業はスゴク楽しいんですよー。

 

ただ毎回、在庫されてるリサイクルインクの色合いが違ってくるので、それを元にどうペイントしてくか考えながらの作業。

かなり体力を消耗します。

 

...ん~、やりがいは抜群なんですけどねぇ。

 

塗ったインクを乾かして、やっと生地が完成します。

あとは、それをポケットの型どおりに裁断してミシンで縫って出来上がり!

冒頭の写真のようなポケットになります。

 

これは、この「リサイクルポリエステル」と「オーガニックコットン」の混紡品のポケットに使用してるわけです。

 

f:id:yutamotohashi:20141102002341j:plain

 

 

そうそう、販売開始したばかりの福袋にも入れてますよー。

福袋にリサイクルポリエステル商品希望!と記載してもらえれば、売切れになるまでは入れるので、随分とお得です。

そのときは、10000円、または15000円の福袋にしてもらえるとボクは飛び跳ねて喜びますぞ!ヤッターって!