MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

衝撃!妻のスリランカ人の父親は「殺菌処理」されてない水を飲んでも下痢をしない!

スリランカ 生水 水道水

 

妻はスリランカ系オーストラリア人、父親は生粋のスリランカ人です。

 

スリランカでは生水が危険!

スリランカでは、飲料水のインフラが十分にすすんでおらず、水道水をそのまま飲んではいけません。

 

ボクは2回ほどスリランカを旅したことがありますが、水道水を飲まないように注意してたにもかかわらず、お腹を壊しました(インドでは路上販売のラッシーの氷でやられましたし、絶望的にお腹がよわいのかも!?)

 

おろらく、食堂の水が原因だったんじゃないかなぁと。

そう。火で調理されてれば大丈夫ですが、生野菜を水道水で洗ったらアウトなんてこともざらにあるんです。

 

なので、完全に防ぐのは不可能ですよねぇ。

 

スポンサーリンク 

 

日本にも水道水が飲めないときがあった!

あたり前の話で、整備される前はダメだったわけです。

 

いまの日本の水道水は塩素処理してるので安心なようですが、日本でも水道水からピロリ菌に感染するって以前はよくあったみたいなんですよ。ボクにはあまりピンとこないんですが、戦前?くらしてた人は経験してるのでしょう。

 

たぶん、いまのスリランカって、当時の日本と似たような状態なんじゃないですかねぇ。

 

世界では、水道水から安全な水がでる国は少ない!

そう。なんとたったの15ヶ国!てっきり先進国はどこも安全かと思ったら、どうやら違うようなのです。

 

水道水で安心して飲めるのはこのマップの蛇口マークがある国だけみたい。アメリカやヨーロッパの多くの国でもダメなんだなぁ...

 

水道水 安全に飲める国 マップ 地図

 

途上国と先進国での水について、興味深い動画があったので紹介。

 


Water is Life on Vimeo

 

まとめ

水って沸騰させて殺菌しないと危険なんですよねぇ。

ボクもお腹こわしましたし、スリランカに住んでる妻の母親や親戚も、水はすべて沸騰させて使うようです。

 

ただ、妻の父親は水道水を飲んでも大丈夫なのが不思議。ふつうに蛇口から出した水をそのままガブガブ飲むんですよねぇ。なんと、産まれてから一度もお腹こわしたことないみたい!タフだなぁ。

 

気になったので調べてみたんですが、現地で水道水をそのまま飲む人と飲まない人、両方に分かれるみたいなんですよ。こうゆうのって、小っちゃい頃から飲んでれば抵抗力がついて大丈夫!とかって話なのかもなぁと。運がよくて偶然、病気になってない可能性もありそうですけどねぇ。