MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

うつ病に完治なんてあり得ない!ともに歩む感覚を磨くべき!治療に使われる「寛解」という言葉の違和感!

うつ病 治療 寛解 完治/

最終更新日:2015年11月23日 

 

うつ病の治療では、寛解という言葉をきくことがあります。

 

厚労省が公表してる定義をみても、病気が8割ほど回復した状態であることをさすようです。

 

うつ病の8割ほどはほとんど以前の元気が回復している状態=「寛解」

ご存知ですか?うつ病:2 うつ病とは|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省

 

これってメチャクチャ曖昧ですよねぇ。

どう考えたって8割なんてわかるはずないですか。

病気以前と比較しようとする時点で、そんなのやめようよーとボクはおもいます。

 

世間にも、うつ病を完全に克服したと言う人がいますが、それが病気以前の自分に戻るということであれば、ボクはそんなのはあり得ないと考えています。

むしろ病気以前のもとに戻ったのであればまた病気になるだろうし、病気を経験して変化してないとダメでしょうがね・・・。

 

スポンサーリンク 

 

 

たしかに病気前と比べたらストレスとの付き合いかたはウマくなったかもしれません。

ただ、以前とおなじようなストレス漬けの生活をしたら、またアタマがぶっ壊れるのが目に見えています。それに、一度うつ病になった人の再発リスクは健常者よりも数倍高いという統計もあったはずです。

 

そう。うつ病は再発率がものすごい高い病気なのです。

 

一度経験した人は、体調管理には人一倍といわず、二倍、三倍と気をつけた方がいいでしょう。もうあんな地獄の底をはいずり回る経験なんて二度と嫌ですからねぇ。

 

病気の兆候がスゴイ勢いで迫ってきたら、ボクは全力で逃げる覚悟はできています。なにもかも捨てることになっても、全力で逃げます。それぐらい、もう二度と経験したくない病気なんですよ。

 

まとめ

うつ病には「寛解」と呼ばれる期間があります。ただ、そこから回復しても、一度うつ病になったら生涯ずっと一緒にあゆむ病気だと考えるほうがラクになるでしょう。

 

WHO(世界保健機関)が製作したこの動画が、うつ病の世界観をウマく表しています。黒い犬は生涯のパートナーで、そのときどきでカタチを変えて現れます。どうやって一緒に歩んでいくのか、ウマく付き合うことができれば、最高の相棒となるでしょう。

 


うつと闘う全ての人へ贈る「4分間の映像」 - YouTube