MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

安売りせずに商品の付加価値をあげろ!ユニクロやグラニフと価格勝負したって勝てるワケないんです

オーガニックコットン フェアトレード Tシャツ

ボクはViri Fide(ヴィリフィデ)」というシルクスクリーン専門ステイナブルな素材専のTシャツブランドを運営しています。

 

デザインフェスタとか、Tシャツラブサミットといったイベントに出展して販売すると、毎回感じることがあるんですよ。あんまり言う機会がないので、ここで声を大にして言います。

みんな安売りしすぎ! 

そう。Tシャツ1枚を1000円だったり、1500円で売る人の多いこと多いこと。趣味や販促だったらいいんでしょうが、ビジネスや副業としてやることを考えた場合、ありえない価格設定でしょう。

 

たしかに、ユニクロやグラニフといった大手ブランドをみると、それぐらいの価格でデザインTシャツを売ってたりしますよね。

 

ただ、あの価格設定は大量につくって大量に売って利益をだす方法なので、始めたばかりのブランドが真似するようなやり方じゃないわけですよ。

 

じゃぁどうやって売るんだよ!売れなきゃ困るんだよ!

と思うかもしれませんが、売れても利益がでない方法で、ずっと継続的にやっていくことなんてできないですよねぇ?

どう考えてもムリなんですよ。だって利益がでてないんだもん。続けるだけの資金を回収できてないわけですから。

 

イベントに出展すると、ものすごい安く販売してる人の多さに唖然とします。もちろん趣味でやってるならいいでしょう。どんどんやってください。

 

ところが、利益をだしたい!もっとブランドを育てたい!と言ってるにもかかわらず、同じような価格でやってる人って意外に多いんですよ。

ボクからするとこれがホントよくわからないミステリーなんです。

 

だって、あたり前の話ですが、利益って販売価格からコストを引いたものですよ。

なんでコストと同じような価格で売ってるのかわかりませんよねぇ。

もともと利益だすつもりがないとしか思えません。

スポンサーリンク

 

売れないなら、やり方を見直せ

しかも、こうゆう話をすると言われることがあるんです。

 

 

価格上げたら売れないだろ!

 

 

そのとおり、いままでより販売枚数はまちがいなく減るでしょう。でも利益をだして継続的にやっていくためには必要なことですし、そう思うのであれば商品の魅力をもっとつければいいだけの話なんですよ。

 

ざっくり言って、Tシャツボディとプリントのコストが合計で2000円かかるようであれば、販売価格は最低でも5000円前後にはしたいところでしょう。

 

それじゃ売れないと思うのであれば、それに見合うようなデザインや細かいディテールで付加価値をつけたりして、商品を値段にみあったものにする必要があるわけです。

 

まとめ

ブランド運営で利益をあげようとしてるんであれば、特別な理由をのぞいて安売りはやめましょう。価格勝負で大手に勝てるワケないですし、商品の価値をあげることに専念するべきです。