MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

日本人は冷たい!?ウルグアイのサッカー界の英雄「フォルラン」のニュースをみて思ったこと

 

ウルグアイのサッカー界の英雄で、今季から日本のセレッソ大阪でプレーしてるフォルラン。きのう、きょうとニュースになってたので、思ったことを少し。

 

Yahoo!ニュース - フォルランが南米TVでチーム批判「日本人冷たい。降格して笑っている奴がいた」 (フットボールチャンネル)

 

スポンサーリンク

 

 

ボクは妻がオーストラリア人だったりイギリスロサンゼルスに一時期滞在してたこともあって、外国人と話す機会は割と多かったと思います。

 

そこで外国人からときどき聞く言葉「日本人は冷たい」。フォルランは言葉や文化の違いで日本になじめなかったようですが、海外では同じように思ってる人も予想以上に多い印象なんですよ。

 

ボクが思うのは、外国人(国によって文化や国民性もちがうのに一括りにして申し訳ないです...)と日本人の大きな違いは、自分の意見を主張するかどうかだと思うんですよねぇ。海外では自分の意見をもって、さらにそれを言葉で伝えることで、一人前の大人だと思われるわけです。

 

日本人特有のまわりの空気を読むなんて芸当はできませんし、言葉にしないことには伝わらない。さらに、話をすることで「ボクはあなたに興味をもってるんだよ」といったことも伝えます。

 

外国人はそのあたりを経験的に知ってなのか、初対面でも積極的に話かけるのです。どこかで聞きましたが、自分が何者かをまっさきに伝えることで、「自分はこんな人間だ。危険人物じゃないよ」と、自己防衛の意味合いもあるみたいです。

 

一方で、日本人はホントにおとなしい。あまり多くを語らない日本人を「なにを考えてるのかわからない」と思う人も多いようなんですよねぇ。

 

それと、日本で見る世界地図は日本が真ん中にあるのが主流ですが、海外では日本が右端にちょこっとあるものが多いようなのです。こんな地図から受けるイメージが何らかの先入観?になってるんじゃないかなぁ、と思ったりもします。

 

ポスター 世界地図 GN-0214