MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

太陽を浴びよう!うつ病だったボクがやったこと。日光浴

日光浴している女性

最終更新日:2017年1月15日

 

ぼくはうつ病を経験して休職をくりかえし、会社を退職しました。

 

うつ病は「セロトニン」と呼ばれる精神のバランスを保つ脳内物質が不足して、気分の落ち込みをまねくと言われています。

 

ぼくが意識的にやっていたことを何回かにわけて紹介しています。

 

今回は、日光浴!

 

日光を浴びることで体内時計がリセットされることは有名ですが、同時に脳内ではセロトニンが作られます。

 

こんなこと経験ありませんか?

 

天気がいい日は体調がよくて活発的な一方、雨の日はなんだか体がダルイ。

 

そう、これは日光を浴びないことで、セロトニンの量が不足しているためと考えられます。

 

冬季うつ病も、冬場は夏にくらべて日射量が少ないことが原因とされていますね。 

スポンサーリンク

 

 

ボクはうつ病だったとき、日差しを浴びることをスゴク意識しました。それも、できるだけ朝日を浴びることを。

 

朝しっかり起きて、朝日をたっぷりと浴びる!

 

それだけで1日の気分が変わります。

 

ちょっと散歩なんかに行けると、さらにいいと思うんですけどねぇ。

 

 

はい。ここで、くりかえします。

 

たっぷりと日差しを浴びましょう!

 

積極的に外出したり、できるだけ日差しを歩いたり、ぜひ無理しない程度にやってみてください。

 

参考:うつ病を3年で克服!症状から治し方まで対応策まとめ

 

おもしろい日光浴グッズはこれ。