MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

結婚祝いに「写真たて」を5個もらいました。こうゆうのって困らない?

結婚祝いに写真たてをいっぱいもらって困ってる/

 

こまりました...

 

気持ちはホントにありがたいのですが、どう考えても5個はつかいそうもありません...

 

なんの話かというと、結婚祝いとしていろいろな方から写真たてをもらったのです。

 

ただ、式場でもらったものもあるので使用してもせいぜい2つとかなんですよねぇ。

 

かといって、売ったり、捨てたりするのもアレですし...

 

どうしよう...

 

スポンサーリンク

 

モノをあげるのってムダじゃないですか?

この件もそうですが、お歳暮なんかでも同じものをもらったりって多くないですか?お茶だったり、飲まないお酒であったり(ぼくは焼酎をのまないので、もらうと困ってしまいます)。

 

あれって皆さんどうしてます?

 

このまえ親に聞いてみたら、やっぱり処分に困ってるようなんですよねぇ。賞味期限切れ食品が、いくつもあるみたいです...

 

でも捨ててない(笑)

 

なにやら折角の記念でもらったし、ちょっと高級なモノだったりで処分しづらいみたいなんですよ。

 

いまでこそ結婚式や葬式のお返しでギフトカタログも増えましたが、お歳暮とか結婚祝いとか、ホント無駄だとおもってしまうんですよねぇ。もらっても一切使わないモノとか絶対でてきますし...

 

やっぱりムダだと思う!

「それが文化だ!」、「そうゆうものだ!」って言ってしまえばそれまでですが、やっぱりムダはムダなんですよ。本来であれば祝福や感謝のしかたって相手の気持ちが優先されるものだと思うので、受け取った方が困るやり方ってのは、やっぱり違う気がします。

 

事前にどういうモノが欲しいか要望を聞いたり、ギフトカタログのようなものにしたり、金銭にしたり、そういう方がよっぽど合理的で迷惑にならないし、喜ばれると思うんですけどねぇ。

 

 《関連記事はこちら》

国際結婚しました!オーストラリア人のダヌちゃんを紹介します。

スリランカの家族がやってきた!オーストラリア(シドニー・パース)、カナダ(バンクーバー)、アメリカ(ニューヨーク)から大集合!

兄弟3人が大集合!国際結婚でオーストラリア人の義兄がくわわりました