MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

ぼくの鬱病(うつ病)が重症だったとき、両親はどう思ってたのか聞いてみた。

うつ病の患者をかかえる両親の想い

ぼくがヘビーなうつ病だったとき、母親、父親はどう思ってたんだろう?

患者本人の体験談はあっても、家族の体験談みつからないなぁっと感じてたので聞いてみました。

 

ぼくのうつ病関連の記事は、ここから一覧に進めるのでよければご覧ください。

うつ病 カテゴリーの記事一覧 - ユタモト・ブログ

 

 

まずは母親。

 

ぼくがロサンゼルスでうつ病になって、日本で母親が思ってたこと。

  • うつ病のことをよく知らなかった。
  • うつ病と聞いたときは、特に気にもとめなかった。
  • ちょっと休憩すれば、すぐに回復して元気になる病気だと思った。

 

ぼくが日本に帰国して、母親が実際に会って思ったこと。

  • ヤバさに驚いた。
  • 殻に閉じこもっていた。
  • いつもふさぎ込んでいた。
  • 話しかけても無視され、「うるさい!」、「だまってて!」と何度も叫ばれた。
  • 家でも部屋に閉じこもり、ずっとゴロゴロしてるのを何度も見かけた。
  • 何を言われるかわからないし、どうしていいかわからない。
  • そんな状況だから話しかけられない。

 

スポンサーリンク 

 

 

こうやって聞いてみると、かなりヤバかったみたいですよねぇ。ぼくも状況を覚えていますが、とにかく何もしなくてもツラいんですよ。

 

生きることを精いっぱい頑張ってんのに、そこに頑張れとか言われると本当にキツいんですよね。「え?これ以上なにをがんばればいいの?」って感じで。

 

それと疲労度がハンパなくて、ほんのちょっと会話するのも集中力が続かないんですよ。極端な話、10秒ぐらい話をすると、相手の言ったことが理解できなくなっちゃって。。。

 

「そんなわけないじゃん!」「わかるでしょ?」という声が聞こえてきそうですが。。。

 

いや、ここで断言します。

 

マジで日本語が理解できなくなりました。テレビも一緒で、見てても集中力が続かないから、すぐ日本語がわからなくなっちゃって、ただの雑音にしか聞こえなくなる。気晴らしもなにもあったもんじゃありません。。。

 

父親にも聞いてみましたが、うつ病と聞いても実感が持てなくて、なにをしたらいいかわからなかったと。やはり母親と同じことを感じていたようですな。