MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

通販での発送用パッケージもシルクスクリーンで手作業です。細かい作業に手間暇かける背景と理由を説明します。

オーガニックコットンのデザインTシャツを中心に展開する「Viri Fide

 

商品をお買い上げのお客様には、シルクスクリーンしたオリジナルの包装でお届けしています(Tシャツで3枚ぐらいまで。それ以上はちがう包装になります)。

 

シルクスクリーンの説明はこのブログで何度も紹介してますので、過去記事を検索してもらえればいくつも出てくるとおもいます。

こういうのね。

→ シルクスクリーンの1点物!Tシャツへのプリント方法を公開します。青黄(黄色)、ブレイズオレンジ、紅赤、紫を使用

 

シルクスクリーンで製作

 

まずは1色目をプリント。この段階ではどんなデザインになるのか、まだわかりませんな。

 

シルクスクリーンの包装パッケージの1色目 緑

 

2色目として黒をプリント。

これで完成です。

 

シルクスクリーンの包装パッケージの2色目 黒 完成

 

"Change the World!"

ぼくらの日々の選択が世界をかえる!

 

シルクスクリーンの良さである「色の鮮やか」と心の底から伝えたい「メッセージ」、僕らの想いを詰めまくったパッケージになっています。

包装にこだわるだけで、かかる手間暇は5倍

 

こうやって自分たちのアトリエでパッケージにまでシルクスクリーンプリントをしてるブランドはかなり少ないものとおもいます。

だって2倍、3倍じゃなくて5倍ぐらいの手間暇がかかるから、そのコストを考えるとあまりやりたくないといったとこが本音でしょう。

 

しかもこれは注文いただいたお客様だけのパッケージなので、こうやってブログ等で紹介する以外は知る由もないんです。

いざ注文して商品が佐川急便または日本郵便のゆうパックで届いたときに初めて、「お!商品の包装もかなり凝ったデザインになってる!」と気づくのです。

それを想像するだけで僕はスゴく嬉しい!

この包装はホントに大好評なのです。

それでもオリジナルにこだわり続ける理由

 

じっさいに僕はViri Fideシールを作ることを検討したことがあって、そのときに色々な会社のサンプルを取り付けました。

最終的に5社ぐらいにサンプルをおくってもらい、そのなかの1社の包装がオリジナルですごく印象が良かったんです。

それだけでその会社のことを好きになりましたし、シールを作るときはぜひそこにお願いしたいなー!って。

 

それからですね。

商品発送時の包装にすごくこだわりを持つようになったのは。

そこから試行錯誤して企画をねり、ぼくらの得意なシルクスクリーンで想いを込めたこのパッケージが出来上がりました。