MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

路上で発見した子どもたちの才能豊かなアートが素敵すぎる!こうゆうのを見つけると嬉しいですな

今朝サイクリングをしていて見つけたアート!

これが何だかわかりますか?

おそらく近所の子どもたちが集まって、きのう書いたんでしょう。

 

オーストラリア人の妻が描いた絵の写真

(とまぁホントは偶然みつけた子供の落書き写真をここにのせてたんでえすが、ひさしぶりに確認したら表示されてなくなってました。なんでだろう???そこで取り替えたこの画像はぼくの妻が書いたものです)

 

民家なので撮影してませんが、この横には壁があり、そこに意味深い数字がいっぱい書かれていました。

 

ぼくには甥っ子がいて帰省するとよく遊ぶのですが、発想にはしょっちゅう驚かされます。シールをどこに貼ったか遊ぶゲームをすると、出っ張りがあるような平らじゃないとこに貼ってたりする。「クリエイティブだなぁ」と感心させられるわけです。

 

参考:水を追いかける遊び!双子の甥っ子と遊んできました

 

スポンサーリンク

 

 

今朝みつけたこの絵も「しばさき」(←駅名です)と書いてあったから線路なのでしょう。子どもたちのモノを見る目と表現力は刺激で満ち溢れています。

この絵には子どもたちのエネルギーというか、純粋な遊び心というか、そのような力を感じるわけです。

 

この絵は雨が降れば消えてしまうでしょうし長く残るものでない。そこがまた儚くていいですよね。こうゆう偶然の発見・出会いがあって気持ちのいい1日のスタートになりました。

 

これを描いてくれた子どもたち、ありがとう!