MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

ネットショップの発送方法は!?安心のヤマト運輸!便利な日本郵便(郵便局)!価格の佐川急便!

ネットショップ開始にあたり、商品の発送方法で迷うと思います。メジャーなとこで、ヤマト運輸、日本郵便(郵便局)、佐川急便で迷うのではないでしょうか?

 

この3社の利用方法でオススメの方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

ヤマト運輸

ヤマト運輸

荷物の取り扱いが丁寧で、スタッフの対応もよく、ヤマトにお願いすればまず大丈夫だろうという安心感があります。

 

同社のクロネコメール便は格安での配送方法として使用するネットショップも多く、82円から発送可能。ただ手紙の同封が禁止されてることがネックでぼくらは使用しませんでした。

 

大きな荷物は「ヤマト便」が絶対お得!

ネットショップからずれますが、よく使用していたのは「ヤマト便」というサービスで、大きい荷物は他の会社に比べて格安で送れます。

 

展示会用のディスプレイで使う長さ150cm程ある木材を数本、テープで1つにまとめて、このサービスで発送していました(縦・横・高さの合計は200cmぐらい)。

 

大きな荷物を発送する必要がある場合はおススメです。集荷にきたスタッフが1人で持てない大きさは断られるらしいのでご注意を。

 

ぼくらはかなり重くて大きいものをお願いしてましたが、幸運にも断られたことはありません。

 

ヤマト便は、宅急便のサイズ(縦・横・高さの合計が160cm、重さ25kg)を超えるお荷物や、一梱包あたりの価格が30万円を超える場合にご利用いただけます。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/yamatobin/yamatobin.html 

日本郵便(郵便局)

日本郵便株式会社

 近くの郵便局から発送できるので、外出の予定があって今すぐに発送したいときに便利です。

 

 

全国一律料金のレターパックを利用すべし!

レターパック 信書も荷物も大丈夫! - 日本郵便

ネットショップをはじめてから1年以上、レターパックライトという方法で発送をしてました。事前に郵便局やコンビニで購入しておき、発送はポストへ投函するだけ。

 

送料は全国一律360円です。

 

簡単で大変便利です。

 

ただし、厚さは3cmまでの縛りがありますので、3cmに収まってるか不安な場合は直接郵便局に持っていきましょう。専用の道具で測ってもらえます。

 

このレターパックライトは配送先の郵便受けへのお届けとなり、手渡しでお届けするレターパックプラスというのもあります。こちらは全国一律510円で、この封筒に入る大きさであれば、厚さが3cmをこえてもOKです。

 

ネットショップでよく「沖縄、離島へのお届けは実費をいただきます」などを見かけますが、このレターパックで送れば全国一律料金なので格安で送れます。

 

お客様にも喜んでもらえること間違いなしです。

 

佐川急便

佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

 使い始めてすぐに荷物の破損などのトラブルがあり、長い間敬遠してました。このときは展示会向けにプラスチック製の箱にTシャツを入れて発送したのですが、箱が見事にバキバキと割れていました。

 

それ以降、展示会へはカーシェアリングやレンタカーを使って荷物を持ち込んでいます。

 

ただし、ネットショップの商品発送はダンボールの包装であればまず大丈夫なので、いまは佐川急便を使用していて、以降トラブルは1度も起きていません。

 

価格は他社に比べてお得です。まずは見積もりを取ってみることをおススメします。

まとめ

ネットショップを開始してまもない頃は、商品の準備であったり、ネットショップの運営だったり、手が回らないことも多いでしょう。

 

まずは日本郵便のレターパックライト、またはレターパックプラスではじめてみると手間は省けて良いかもしれません。

 

慣れてきたら佐川急便に変更してもよいですし、手間を惜しまないようであれば、最初から佐川急便を使うのもありです。

 

お客様によっては格安なヤマト運輸のメール便や、配送業者の指定を希望される場合もあるので、そこは無理せず可能な範囲で対応できる体制を整えていくのがよいと思います。