MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

オーガニックコットンのデザインTシャツで社会問題を解決へ

ブログを書くのも初めてなので、まずは自己紹介します。 

誕生からブランド設立まで

 

名前はモトハシユータ。

産まれてくるとき母親のお腹のなかでものすごく静かだったため、産まれてきたとき周りの皆が飛び跳ねて驚いたようです。

それで弱い子に育たないか心配で、強くたくましく育ってほしいとの思いから名付けられたようです。

 

あと、僕のバックグランドを説明しておくと、

  • 中学 ⇒ サッカー
  • 高校 ⇒ ボクシング(東京都新人戦優勝、関東大会3位)
  • 大学 ⇒ 桜美林大学国際学部(途中で1年間休学してイギリスに留学)

その後7年間は乳製品の専門商社で働いてました。

 

アメリカやオーストラリア、ヨーロッパからチーズやバターを輸入して明治さんとか森永さんにすごい大きな単位で売る仕事(数百トンとか)。

ただぶっちゃけ仕事でアメリカ駐在になって、そこで結構ヘビーなうつ病になって退職しています。

 

スポンサーリンク

 

オーガニックコットン×デザインのTシャツ

 

2013年の10月にViri Fideいう途上国の社会問題へのアプローチを目的としたブランドを起ち上げました。

 

その前の年からVIRIDIS FIDEとして実験的にオーガニックコットンのTシャツを作って販売し始めたんですが、正式にスタートするまでに時間がかかってしまい、昨年10月にずれ込んだ格好です。

 

柱となる考え方は3つ

Viri Fideを起ち上げた目的はあくまでも途上国や環境問題へのアプローチで、柱となる考え方が3つあります。

 

《1つ目》

環境に優しい(環境負荷が少ない)素材を使うこと。

 

《2つ目》

毎月NGOとコラボして利益の11%を寄付することで、直接的または間接的に貧困やその種の社会問題にアプローチすること。

(現在のコラボは毎月ではなく、不定期です。寄付額、寄付先はその都度決め、詳細はブログをはじめとしたSNSで発信しています)

 

《3つ目》

オーガニックコットンや環境にやさしい素材いうとまだまだ無地のものが多かったり、デザイン性が劣るものが多い印象が強いので、クリエイティブなデザインの商品を作ってお客様に提供すること。

 

この3点です。

1つ目の環境負荷が少ない素材には、生産者に公平なフェアトレードも含めています。

 

あ、まだ読み方を言ってませんでしたが、「Viri Fide」 ⇒ 「ヴィリフィデ」です。

よくヴィリファイドと読まれることがありますが。。。笑

 

オーガニックコットンのTシャツを選んだ理由

なぜTシャツかというと、社会問題、特に途上国の問題に結構前から興味があって(小学生ぐらいでなぜかユーゴスラビアに興味がでて、その頃から世界の問題を調べ始めた気がする笑)、俗にいう社会起業家とか、NGOとかそうゆうことを大学から勉強してはいたんですよね。

 

社会人になってタイミング良くというか悪くというか、病気になって自分の時間を取ることができ、またいろいろ調べてみました。すると、洋服の生産って結構悲惨な現状があるんだと思い知らされたんですよ。

 

小学生ぐらいの子が朝から晩まで無理やり働かされてたり(よくいう児童労働)、農薬漬けで気管支系の病気になって早死にしてたり。一度そうなると当分働けないから収入もなく。。。まさに負の連鎖ですね。

 

そんななか、そうゆう状況をどうすれば変えられるのか調べるとオーガニックコットンという選択肢があることを知りました。

 

農薬を一切使わないので生産者も病気になることはほとんどないんだってさ。

 

「じゃ、なんでこのオーガニックコットンを皆使わないのかな?」

 

生産者にも良いのにと思ったら、殺虫剤を使わずにテントウムシに害虫を食べさせたりするため手間がかかって、どうしても大量生産はできない。だから値段が高くなるって構図なことがわかりました。

 

でも生産者の健康をボロボロにしてまで安く買う必要があるんだろうか?

もちろんそんなことは許されません。

 

しかも、オーガニックコットンの生産量は通常のコットンの1%にも満たない。

ん~、なんか納得いかないですよね。

オーガニックコットンの生産量はもっともっと増えるべきだし、通常のコットンの全量がオーガニックコットンに変わればいいのにと(実際には必要となる土地の問題だったりはあるわけだけど。。。)

 

悲惨な現状を変える 

そんな経緯があって、オーガニックコットンのみを使ったブランドをスタートさせて、まさに今起きてる現状を変えたい!と思ったのが始まりです。

 

追記(2015/6/11)

この記事を書いてからすでに1年半が経過したんですね。

 

東京の調布のアトリエから今では愛知県の名古屋に引っ越し、おかげさまでボチボチとブランド運営をすることができています。これも一重にいつも支えてくれるお客様の存在があってのもの。

 

当時はこうやってブログを書いて収益を得るなんて考えもしてませんでしたからね。ほんと世の中なにが起こるかわからないなぁー。じぶんのことさえ1年後になにをやってるか想像つきませんから(笑)

 

だからこそ、貴重な毎日をこうやって楽しく過ごせてることに感謝しなきゃいけませんな。

 

2015年9月末の段階でこんごのViri Fideの方向性をあらためて考えましたのでぜひご覧ください。アート性とスリランカとの結びつきを強化していきます。

僕がいま『Viri Fide』でやりたいこと3つ。