MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

旅行-海外

20種類も!タイ航空の機内食がおもしろい。宗教的理由だけじゃなく、消化のよいお食事、フルーツプレート、等々

最終更新日:2017年10月4日 ※ 上記の写真はタイ航空の機内食ではありません。 きのう航空会社から直接チケット買ったら安かった話を書きました。 そこでもうひとつ、選べる機内食が興味深かったので紹介します。 航空会社から直接買うことのメリットとして、…

ミドルネーム入れた名前が「29文字」あるので航空券の予約ができない…。旅行代理店には嫌われたものの『タイ航空』が神がかっていた。

どちらかというと僕は旅慣れてるほうだと思うんですが、たまたま航空会社のホームページから買ったら安くなったのでシェアしときます。こんなこともあるのにずっとやってなかった・・・(涙目)まさに目から鱗でした。 いつもは格安航空券がとれるネットの代…

ただでさえお金がないのに旅行計画がバンバンと。もっと稼がないと僕は破滅する…。

わ〜こりゃダメだ。。。 と思いながらも自転車を買ったり、大阪、京都への旅行が決まったり、スリランカへのチケットとったり、東京へ帰省したり。 ここ最近の予定の充実っぷりが気持ちいいぐらいですよ、ほんと。 お金ないのにね、どうしよう、あらら…。と1…

内戦が終わり注目度No.1。さて、そろそろインド洋の宝石『スリランカ』に行ってこようか。前もって魅力を伝えとく。

ぼくにとっての第二の故郷といっても過言ではない国、スリランカ。というのもスリランカには妻の両親や親戚が住んでいて、じっさいにぼくも2回、訪れた国です。 スリランカというと、みなさん、なにを思い浮かべますか? 「え、紅茶?インド人っぽい?」 そ…

食器の「ノリタケ」とインド洋の島国「スリランカ」には僕らの想像を超えた絆(キズナ)があった。

いや〜、名古屋に本社をもつ食器の「ノリタケ」とスリランカとの結びつきってスゴイですね。スリランカ系の妻をもつぼくとしては、もうなんだか嬉しくて飛び跳ねたくなってきますよん。 だってスリランカってまだまだ日本では馴染みのうすい国。 どうしても…

【ノリタケの森に行ってきた】高級食器ブランド「ノリタケ」のカップやお皿はなんとスリランカ製!内戦前の1972年から作り続け、お土産によさそうです。

ちょっとまえに名古屋駅ちかくの「ノリタケの森」に行ってきました。 ノリタケ、知ってます? 高級な食器ブランドとして有名です。 それとセラミックなどの工業製品もいろいろと製造してるようですな。 知りませんでした。 で、このノリタケの食器が買えたり…

マジか…。韓国や中国に一方的な嫌悪感をあらわす小学生。悲しいけどテレビ見てりゃ嫌いにもなるか…でもそれでいいの?

これってやっぱりメディアや両親、小学校など、まわりを取り巻く影響なんでしょうねぇ。 たまたま小学校の低学年の子とはなす機会があったんですが、韓国や中国にものすごい抵抗感、というよりも嫌悪感をすでにもってるのが伝わってきました。 なんか韓国に…

スペインが生みだした天才芸術家ダリ。ダリ美術館に行きたすぎて悶絶している僕。アリの食器ほしい…。

知ってますか、ダリ? サルバドール・ダリ。 スペインが生みだした天才、溶けた時計の絵がものすごく有名です。 ぼくは妻の影響で彼のことを知り、その突き抜けた発想からくるアートに右脳が爆発するぐらい刺激をうけました(笑) そのダリの作品に特化した…

【体験談】夏を代表する海のレジャースポーツ「シュノーケリング」は、正しい知識がないと事故の危険性が大いにある、という話

シュノーケリングでの事故が相次いでるようですね。 参考:手軽なシュノーケリングに潜む危険 今夏22人死亡 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 「シュノーケルに入った海水を飲み、パニックになった可能性もある」 とありますが、一度だけシュノーケ…

旅行用スーツケースのレンタルが熱い!最高峰のリモワ(RIMOWA)も選べるから試すといいよ。

最終更新日:2016年5月12日 へー、こういったサービスもあるんですね。スーツケースを必要な日数だけ借りれます。 しかもあの、僕がロサンゼルス駐在記念のご褒美をかねて購入した、 スーツケースの王様=リモワ(RIMOWA)!を借りれる。 こりゃスゴイ!!!

「シーギリヤ・ロック」ちかくの「自然との融合」を実現した最高傑作!スリランカを代表する名建築家「ジェフリー・バワ」が手掛けたホテルが凄まじい!

世界に名だたる建築家の1人、ジェフリーバワ。 スリランカを代表する彼は数々の名ホテルを残しています。 なかでも最高傑作といわれる「ヘリタンス・カンダラマ」は、ジェフリーバワを代表するホテル。オープンから20年をむかえます。 ヘリタンス カンダラマ…

ヒンドゥー教の聖地バナーラス!遺体は人の手で担がれ「ガンジス川」へ。焼き焦げた臭いが漂う「神聖で悲しき町」でした。

インドは良くも悪くも凄まじい国です。いままで当たり前のように持ってた「生と死に対する価値観」を揺さぶられることになると思います。ガンジス川に死体が流れてると噂のバナーラス(バナーラシーとも言う)にも行ったので紹介します。

国際線では航空会社の「トランプ」を無料でもらえます。飛行機に乗った時はCA(キャビンアテンダント)へ。

最終更新日:2017年2月16日 これってオーストラリア人の妻に聞くまで知りませんでした。 国際線ではどの航空会社もノベルティ用なのか、オリジナルのトランプを用意しています。 このまえ利用した「タイ国際航空」でも、CA(キャビンアテンダント)に言った…

リトアニアがユーロを採用!エストニア、ラトビアは導入済なので「バルト三国」で通貨が統一!ヨーロッパへの支持を表明したことで、ロシアとの溝は深まりそうです

ボクにとってはリトアニアって特別な国で、10日間ほど友達に会いにいったことがあります。ロシアの空港で乗り換え時にビザが必要だと言われたり(必要ありませんでしたが、なぜか空港職員に詳細を説明する必要がありました...)、同じ便に誰もリトアニアに行…

リトアニアの十字架の丘は「不思議な魅力」が詰まった、歴史ある神聖な土地でした。ロシアのモスクワ空港での乗り換えは注意を。

最終更新日:2015年11月10日 友人を訪ねにリトアニアに行きました! (ごめんなさい、7年ほど前です...) 観光地にもなっているのですが、首都のヴィリニュスからの交通の便も悪く、1日数本のバスを乗り継いでも1日かかる場所にあります。 そのような不便な…