MO journal

ものづくり、カフェ、日々のいろいろ

うつ病-情報・考え

うつ病でも結婚できるぞ!あきらめるなー!まずは治療に専念しよう

弱気になってる方が多いので、全力で否定しときます。 いちど「うつ病」になったら生涯結婚できないなんてことはないので、ご安心を。 もし結婚できないのが「うつ病」のせいだと考えてるのは大きな勘違いで、原因はほかのところにあるのでしょう。 まずは、…

『病み本』これ懐かしすぎる!うつ病は有名人の闇を知ると救われることもあるよ。

最終更新日:2017年2月13日 これ読んだなぁ・・・。あいかわらずスゴいタイトル(笑) 2009年に発売なので、そのときにどこかで見つけたんでしょうね。明らかにヤバい雰囲気が漂うタイトルなので、勇気をもって本屋のレジに持っていったものです。 それがこ…

うつ病でまわりの目が気になるなら「気にしなくていい環境」に身を置くといい…という話。

ぼくはこのブログでうつ病経験や思うことを書いてるので、相談ではないですが、勝手にアドバイスしたくなるようなワードで検索してくる人をみかけます。 もう二度と同じ人はこないかもしれないけど、また似たような状況でくる人もいるでしょうから、そうした…

うつ病の人は運がいい。悲観的になる必要はないので、その強運に感謝しよう。

最終更新日:2017年2月13日 これ、うつ病で苦しんでるとついつい忘れがちなので、まとめときます。 とくに当事者は「??」で批判したくもなるかもしれませんが、あとでこんなこと言ってたやついたなぁー、と何かの機会に思い返してもらえると嬉しいです。 …

うつ病の人は生命保険に入れないのです。トレドミンやパキシルなどの薬を処方されてると厳しいかと…

嫌な世の中ですね。ぼくは前職のときにプルデンシャルの生命保険に、うつ病になる前に加入したので大丈夫でしたが、やっぱりその後担当者とはなしたら、通院中の人は加入できないという話がありました。 ぼくはもう薬(トレドミン)を3年ほど飲んでないし、…

鬱の友達に「がんばれ」と言いたくても、やめましょう。言われなくても「あなたより」一生懸命がんばっています。

これはもう、鬱病あるあるですな。 いくら好意からだとしても、がんばれってのは言わないほうがいいですよ。ほんとに。なかなか正常な人には理解しづらいでしょうが、うつ病の人は日常生活を生き抜くだけで精一杯で、そんなこと言われなくても生きることを精…

甘ったれるな?うつ病などメンタル系の病気は、本人が重症だと感じてるなら、それは本当に重症なんです

このまえ友達が精神病患者が入院する隔離病棟にいく機会があったようです。 そこで見た光景は想像を絶するもので、みえない何かに向かって永遠と話しつづける人、壁をひたすら叩いてる人、ヨダレまみれで顔つきが生きてるのか死んでるのかわからない人、とに…

仕事は最低でも3年やれ!という救いのない大ウソ。嫌ならすぐ辞めるのが断然「効率的」です。

妻とはなしてて驚いたんですが、どうやら「新卒ではいった会社で最低でも3年は続けろ!」って、オーストラリアでもよく言われたみたいなんですよ。これって世界共通だったんですね。 ただ今じゃこの考えかたは、正直いってものすごく古いです。ツイッター見…

うつ病への理解がない会社なんて辞めてしまえ!ブラック企業が「うつ病」予備軍を増殖させる!

うつ病になった人はうつ病になった経験を過信しがち。 過信というよりもその経験を悲観し、なにをやるにも否定する理由にしやすいためです。 これはあるていど致し方ない部分もありますが(ほらこうやって保身にはしる…)、まわりの人からしたらどうだってい…

人に迷惑を掛けない生き方なんてないですよ。

これは生きてるうえでは当たり前の話だとおもうんですけどねぇ。 どうもそのへんが浸透してないというか、まわりに迷惑かけるのはダメだって風潮が強すぎる気がします。 ツイッターみてて感情がザワッと動かされたので、勢いでこうした僧侶じみたこと、つぶ…

「うつ病は甘えだ」という愚かすぎる思い込み。無知。もっと理解がすすむことを願います。

さて、ひさしぶりに「鬱病なんてない!」とハッキリ主張する文章を読みました。気持ちが足りない、なまけている、たまに聞きますが、彼もそうおもうようです。 さぞ、気分の落ち込みや希死念慮といったネガティブな感情が起きたとしても、気合いが足りないで…

うつ病…。みんな再発の恐怖心を抱えてない?でも相談はしても判断はじぶんでしようね。

うつ病になった人は意識してるひとも多いのでは? 再発率は6割とも7割とも言われてる、すご〜く厄介な病気、うつ病。そしてなった人にしかわからない無力感とまわりからの冷たい視線。治療法も確立してないし、まだまだ課題のおおい病気といっていいでしょう…

じぶんを変えてどうするの?うつ病になりたいの?「努力して自分を変えなきゃいけない」という可笑しな嘘。

最終更新日:2017年1月15日 社会からの圧力でしょうか、それとも家族から。 いかにも「あなたが間違ってる」というまわりの風潮が強すぎて、さも変わらなきゃいけない、じぶんがダメなんだ、といった自己否定に走るひとが多い気がしています。 じぶんを変え…

ぼくが抱えてきた社会への怒り。それは一体なんだったんだろう。ただ1つ確かなのは「うつ病」になったという事実だけ。

白夜行をみてると、性善説、性悪説といった、中学や高校でおそわったことを思いだしました。そんななか高校では書道のクラスがあり、好きな漢字をひとつ自分で決め、その漢字をなんどもなんども書くといった授業がありました。 みんなが希望、夢といったポジ…

人間関係で悩むぐらいなら、ストレスが爆発して鬱病になるまえに転職したほうがいいよ。

最終更新日:2017年1月15日 サラリーマンのみなさん、明日会社いくのダルくないですか? 職場の人間関係で悩んでませんか? たしか人間関係の悩みは、退職や転職のいちばん多い理由だったはずです。 そりゃ、ものわかりのいい上司、気がねなくはなせる同期に…

うつ病の人は繊細だから、その感性を生かしては?絵を描いたり、アート鑑賞したり、自己表現の場をもつと楽になるよ。

最終更新日:2017年2月13日 うつ病になるひとって感性が突拍子もなく強いひとが多いです。 繊細だからこそ傷つき、やがて奈落の底に落ちてしまうんです。 だったら発想を逆転させて、その繊細な感性をぞんぶんに生かせることやればいいんじゃない? ぼくみた…

内向的なのは個性です。人付き合いより自分の時間を大切に。社会に合わせると「うつ病」になるよ。

最終更新日:2017年1月16日 こんな記事がありました。 ⇒ 大きな成功をおさめた、13の内向的な人たち これをみて、ぼくはスゴく励まされた気持ちになったんです。 というのも、ぼくは自他ともに認める内向的な人間で、この言葉をみたときに、まさにその通りだ…

転職活動では「うつ病」だったことは隠せ!じぶんで墓穴を掘ったら受かるものも受かりません。

ぼくは2008年に重度のうつ病にかかり、トレドミンという精神安定剤を最大処方量の100mgを5年ほどかけて飲まずに済むところまで回復しました。 休職をくりかえし、当時の会社は計2年ほど休職、そのご体調不良を原因に退職するにいたっています。 現在はTシャ…

【うつ病の記録-5】得たもの、失ったもの。

これも今までのシリーズ同様に、うつ病の回復期、リハリビ出社してるときに書いたのがベースです。当時かんがえてたことと、さいごに今おもうこと。 それではどうぞ。 うつ病で気づいたこと、得たモノ 友情や愛情がとても大切なモノだとあらためて気づいた …

うつ病での転職はアリ。ストレスの原因が取り除けるなら検討してもいいでしょう。

一般的に、うつ病時は、おおきな決断をしないこと。 どんな本をみても、たいていこう書いてあります。 ぼくも一応は、賛成。 ただこれって誰にでも当てはまるわけではありません。 あくまでも一般的には、ということです。 症状や原因が千差万別なので、どう…

【うつ病の記録-4】生きる意味を考えつづけた3年間。あの体験は決して無駄ではなかった、と信じたい。

ロサンゼルスで適応障害を発症し、その後うつ病で3年間の休職と復職をくりかえした僕が、病気の回復期にかんがえていたことです。 だれかの参考になれば嬉しいです。なるのかなぁー…… 1. 人の本質「生きる」こと 人生は楽しむためにあって、仕事はお金を稼ぐ…

【うつ病の記録-3】病気の発症から休職と復職をくりかえした3年間。やったことを並べたら旅行ばかりだった。

適応障害と診断されたロサンゼルスでの駐在から、日本に帰国して、しばらく休職と復職をくりかえしました。 トレドミンという精神を安定させるクスリを飲むこと約3年、少しずつ減らして投薬をやめるまで回復しました。 それでは、うつ病発症から退職にいたる…

【うつ病の記録-2】病気を分析して浮かび上がる4つの理由。なかでも最大の原因は生真面目な僕の性格か…。

うつ病にになる理由は人それぞれ。 ストレスが原因となるのは共通として、オーバーワーク、仕事場でのプレッシャー、失恋、家族の死、どんなことも理由になりえます。 治療、克服には原因を分析することが大切で、回復期だった当時、ぼくが考えたのがコレで…

【うつ病の記録-1】病気になる前は「自分を追い込む」ことこそが成長への近道だと思っていた話。

過去のメールを読みかえしてたら、ふと鬱病での長期休職後(約2年)、1日3時間からのリハビリ出社してたときに書いてた文章がでてきました。 よく残ってたなぁ〜、と懐かしい気持ちでいっぱいになるものの、もしかしたらコレがいま鬱病で苦しんでるひとたち…

適応障害と『うつ病』はどう違う?調べてみました。

ぼくは体調がおかしくなった当初、医者からは適応障害と診断されました。 そう、最初からうつ病って診断ではなかったんですよ。 ちょうどロサンゼルスに駐在して環境が変わったばかり、だから医者としても生活環境の変化に対応できなかった適応障害といった…

うつ病が治る人の「3つの特徴」はこれだ!

最終更新日:2017年2月13日 「うつ病が治る人の特徴」といったキーワードで来た人がいたので、ぼくなりの考えを書いときましょー! あくまでもぼく個人の主観と超独断と偏見によるものなので、批判等はうけつけません。あしからず。 自己中 これは必須です。…

うつ病で転落人生を歩んでる君へ。

最終更新日:2017年2月13日 どうやらうつ病と人生の転落を関連づけて考えるひとも多いようです。 おそらく周りじゃなくて、病気になった本人が感じているんでしょう。 ただこれ、そんなこたぁ考えたって無駄無駄。 本当に時間のムダなので、そういったことを…

精神病の薬は飲むな!って本当なの?向精神薬のトレドミンを3年飲んでた僕には理解できません。

たまに聞くんですが、精神科=悪、精神病の薬=悪って本当そうなんですか? 医者も利益を出さなきゃやってけないから、患者を薬づけにして、完全に回復しないようにするって論理らしいけど、ぼくには到底理解できない世界です…。 患者が回復(うつ病では寛解…

うつ病を体験できる施設や機器できないかな。そうすりゃ偏見も減るだろうに。

お年寄りの大変さを経験できる機械や施設って一時期、話題になったじゃないですか? ギブスみたいのつけて、メガネして、普通に立ってるだけでもかなりのツラさを体験できるやつ。 あとは自動車免許をとるときにやる飲酒運転のシミュレーションとかもあるね…

上司に「死ぬまでやれよ!死なないから!」と言われ頑張ったら、うつ病になって死にかけた。

パンドラの箱を開けたようにロサンゼルスで鬱病になった当時の記憶が脳内をかけめぐっています。 そういやこんなこと言われたなぁー。 「じゃぁ病気になったら責任とれや!」とおもいつつ意地になって業務に励んだものです。 ふとした一言で終わる人生もある…